第69回 正倉院展に行ってきました  1

公開講座・『正倉院の鏡』

第69回正倉院展に行ってきました。最近は、会期中に3回ほど行われる公開講座を受講してから閲覧するようにしています。この公開講座は、おもに奈良国立博物館の学芸部研究員が担当して、それぞれの専門分野の最新の成果を紹介してくれています。毎回よく出来たレジュメとプレゼンテーション、時間配分もほぼ完璧になされています。入念な準備に加え、おそらくリハーサルもされているものと思います。こうした講座の場合、現役の若い学芸員などの担当するものは、有意義で面白いものが多い。それに対して、館長とか、所長とか、名誉なにがしといった年寄りのものは、概して冗長で内容がなく下らないものになりがちです。もう第一線の研究に対する関心も緊張感もなく、惰性と昔の研究の記憶やプライドだけしかないのと、その割にはまわりから持ち上げられてしまうからでしょう。


昨年、名古屋市美術館の藤田嗣治展に合わせて開かれた講演会はひどいものでした。私が行ったのは、副館長の深谷某という人間の番でした。ダラダラと藤田の縁戚関係とかエピソードが語られます。それもたいていは藤田の甥の蘆原 英了や、『評伝』を書いた読売新聞の田中穣の本にある内容です。それで、この調子で続けると予定した内容の半分も終わらない云々という言い訳兼ウケ狙いの戯言を5回以上も繰り返していたでしょうか。結局なにが言いたいのか話の主旨もわからないまま終わりました。まったくの時間の無駄でした。結局この御仁はまともな準備もしないまま話をした無責任野郎か、根っからのウツケのどちらかでしょう。


正倉院展の公開講座に戻ります。11月4日は、中川あやさんという研究員の『正倉院の鏡』と題する講座でした。後で調べると京大の文学部と修士課程を修了した39歳の気鋭の才媛でした。良く出来た懇切丁寧なレジュメ・プレゼンと論旨明瞭、滑舌良好なお話しぶりで惹きつけられます。正倉院のそれぞれ北倉と南倉に収められた鏡を唐で製作されたものか、日本で製作されたものか、前者であればその年代と持ち帰られた遣唐使の推定などを史料をもとに推測・分類されます。北倉に収められたものは、ほとんどが唐製の最新のものであるとして、その理由をあげられます。まだ活字には出来ないがとして、桓武天皇や光明皇后が新しいもの好き、舶来品好きだったのでは、とユーモアを混じえて話されていました。これまで漠然と見てきた正倉院の鏡ですが、そうした由来なども頭に見るとまた新鮮な驚きと感慨があります。

それと、当時の日本製の鏡は、唐のそれと似せようとして頑張ったが残念!違うというものだったと具体的なデザインなどの例をあげて説明されていました。この時代に限らない中国の文化への模倣の長い歴史を考えると、ごく最近の中国のコピー商品をあげつらって民度やら国民性まで云々するのは恥ずかしいことだとあらためて思います。

第68回 正倉院展に行ってきました

チケット

チケット

朝、墓参りに行ったあと第68回正倉院展に行ってきました。今年も会場の国立博物館に向かう前にならまち商店街にある刃物屋・菊一文字に寄ります。これもここ数年の恒例のようになっています。店にいた女将さんにご主人のことを尋ねると今年の5月に亡くなったとのことでした。88歳だったそうです。昨年の正倉院展の時にお邪魔した折には元気な姿を拝見していたのですが、そのすぐあとの12月に圧迫骨折で入院、予後悪くそのまま亡くなられたそうです。常連のお客さんも多く、店を閉めるわけにもいかないので、今は一人で店を守っているとおっしゃっていました。

菊一文字で買った2分の三角刀。播州三木のものとのこと。

菊一文字で買った2分の三角刀。播州三木のものとのこと。

こうした小さな専門店を応援したい気持ちもあって、寄るたびに何か買っています。亡くなったご主人に薦められて購入した銅のおろし金などはたいへん重宝していて今は毎日のように使っています。言われた通りプラスチックのまがい物と、これでおろした大根は別物です。今回も2分幅の三角刀を買いました。


今回の展示では、これまで見たこともなかったような銅に鍍金の鈴のようなものが多数展示されていました。蓮華の形、ウリやクチナシの実の形などいずれも小さくかわいらしいもので、金工をしている人が見ればさそ面白かろうと思います。木工屋的に面白かったのは月並みですが、楩楠箱べんなんのはこと、檜八角長机ひのきのはっかくちょうきなどですが、これはまた次回にします。

良い天気でした。猿沢池から興福寺の眺め。

良い天気でした。猿沢池から興福寺の眺め。

これはいったいなんだろう?

これはいったいなんだろう?

第66回 正倉院展3 赤漆履箱(せきしつのくつばこ)

正倉院展の展示では、宝物と一緒にそれを収納していた箱なども展示される場合が多々あります。主催者としては、その収納のための箱も、宝物と同様に、あるいは宝物と一体として価値のあるものとして展示してくれているのだと思います。家具や実用の木工品を制作している立場からは、その宝物よりも収納の箱に関心が行ってしまうことがあります。というか大抵はそうした逆転した見方をしているかな。

左ページ、赤漆履箱

左ページ、赤漆履箱

今回の、赤漆履箱も、そのひとつでした。これは、同時に展示されていた衲御礼履のうのごらいり画像解説)を収めるためのものだそうです。以下、図録からその概要を紹介すると、

  • 大きさ 縦498 横445 高さ233(ミリ)
  • スギ製
  • 側面は6枚組み接ぎ
  • 底板に欠き込みを入れ、その上に側板を載せる
  • 内外とも赤漆による装飾
  • 稜角には陰切)かげきり)を施す

見事なスギの赤身の糸柾で作られています。そこに赤漆(蘇芳などで赤く染めてから透漆か生漆を塗る)が施されているのですが、もともと被せ蓋に覆われていたこともあってか、非常に渋くも美しい色合いをしていました。底も含めた組み接ぎ部分に施された陰切が、よいアクセントになっています。かなり大きなものですが、使われている板の薄さ(15ミリ程か)もあって非常に引き締まった印象です。

面白いのは、底板の表面に収納する靴の踵に合わせた刳り込みがあることです。図録によると深さ12ミリほどのごく控えめなものです。踵部分のみで、あとはなだらかな勾配をもたせていることから、そこに落とし込むというよりは、収納の際の位置決めのためくらいの感じで刳られています。その控えめなさりげなさが、なんともオシャレで素敵です。

当たり前の事かもしれませんが、良く考えられて真面目につくられているなあと感心させられます。各板は、組み接ぎや切り欠きへの落し込みに加えて四角の鉄釘で留められているそうです。その上に施された蔭切というのは、漆錆をつけその上に黒漆を塗るという技法です。いうまでもなく組み手から露出した木口を埋めて、材の乾燥・収縮、割れを防ぐためでしょう。抜かりがないし、それが赤漆を施された板に対するデザイン上のアクセントになっています。今、せっかく色漆を扱いはじめたのだから、これは是非(パクリ見習いたいと思います。

こういう収納のための、いわば実用のための箱が面白く、むしろそちらに興味をひかれることもある。それは、こうしたものの方が、天平の工人の創意とか工夫、個性とか更に言うと遊び心がより発揮しやすかったからではないかと思います。宝物そのもの、聖武天皇の御物とか東大寺の儀式用の道具などは、当然格式とかある種の決まった仕様とか形式が求められたでしょう。もちろん求められる技能は、限界を超えるような高いものでしょう。それに対して収納用の箱なら、当然最低限の基準とか仕様は求められるにしろ、細かい形状や装飾まで決められてはいないのではないか。これまで色々な収納箱を見てきての感想です。そうすると天皇や東大寺に献納する宝物そのものよりも、工人の感覚なり創意なりが生かされる余地が多かったのではないかと想像します。それが、この箱の蔭切や底板の刳り込に現れているのではないでしょうか。

第66回 正倉院展2 漆四合香箱残欠(うるしよんごうこうばこざんけつ)

公開講座に関しては後で触れます。正倉院展は、まだ会期が残っています(〜12日)。これから行かれる人もいらっしゃるかもしれませんので、今回の展示で個人的に印象に残ったものをいくつか紹介します。

右ページ、漆四合香箱残欠

右ページ、漆四合香箱残欠

同じ物を4口組み合わせた、何かの盛器ではないかと解説されています。ヒノキ製で、全面に布被(ぬのきせ)の上、黒漆を塗る。とされています。

そのいわゆるエッジの効いたという表現がぴったりのシャープで軽妙洒脱な形状はすばらしい。写真ではわかりにくいのですが、ごく小さなものです。図録によると、最大辺23.6、高さ6.0センチとなっています。各辺の厚みは、直線部、稜線型部分ともに5厘(1.5ミリ)ほどでした。これが4口そろえば、また違った印象になるとおもいますが、これ単独でも見飽きることはありません。

こうしたものの制作技法を詮索するのは邪道かつさもしい事かもしれません。それでも、やはり気になります。この稜線部もヒノキ製とするとどうやって作ったのでしょう。今風に、ごく薄い板を重ねてプレスして接着したとしても、こうしたくっきりとしてエッジの立った形状にするのは難しいでしょう。削り出しとすれば、目切れの部分が何箇所も出来てこの薄さで完成させる事自体が困難な上に、実用にはならないと思います。考えられるのは、4個のパーツに分けて削り出し、それを接着させる事ですが、当然、今のようなメーカーや木工家御用達の恐ろしげな接着剤などありませんから、漆かニカワでしょう。それを補強する意味もあって布着せを施したとも考えられますが、それでこの薄さできちんと角を出して仕上げるというのはなんとも素晴らしい熟達の技能です。そうした感嘆すべき技能・技法を駆使して、それをさりげなく実用的な器として形にしている。本当に、粋で素晴らしいなと思います。

第64回 正倉院展

第64回正倉院展チケット

第64回正倉院展チケット

棚厨子たなずし

今年も正倉院展に行って来ました。今年の展示の目玉は、螺鈿紫檀琵琶らでんしたんのびわとか、瑠璃杯(るりのつきなどのようです。私的には、棚厨子たなずし(収納棚)を是非見たいと思っていました。

棚厨子図録

棚厨子図録

この棚厨子は、木工を生業にしようと本格的に勉強を始めた頃に書籍などで見てしっておりました。今手持ちの本の中では『木工の伝統技法』 梅田総太郎、『木工の鑑賞基礎知識』 木内武男に写真入りで紹介されています。特に前者では和風の棚の原形と紹介されており、実物を見たいとずっと思ってました。今回その念願かなって実物を目にすることが出来たわけです。

この棚の展示での扱いは極めて地味なものでした。事前の報道でも知る限り取り上げられることもなかったし、実際の展示でも他の宝物に比べてあまり関心を集めておらないようで、立ち止まって凝視する人もあまりおりませんでした。まあ、宝物というよりはそれらを収納するために什器という扱いなのでしょう。購入した図録の写真も、先にあげた2つの書物に収録されたものと同じものが使われておりました。つまり20年以上前に、調査のためかあるいは今回のように出展された時に撮られたものを使い回しされているのかもしれません。まあその程度の扱いをされているのは確かでしょう。

しかしながら、実用的な家具や木工品を作っているしがない木工屋としては、こうした1300年前の実用什器に大いに惹かれます。実物を目にして、また図録の解説を読んで、今まで不明な点があったその構造がわかりました。

スギ材を木表使いした素木しらき製の横長の棚で、三段からなる。台框上に、両端と真ん中に各一組ずつ柱を立て、柱部分を刳り抜いた一枚板からなる棚板を二段入れた上で、同じく一枚板からなる天板をめている。各板の固定には柱に孔を穿ってぬきを通し、さらにこれが抜けないよう鼻栓を施して停めている。天板・棚板と柱の交差点には鉄製の丸釘を打って補強するなど、堅牢な作りをみせる。天板・棚板はそれぞれ上面の周囲に面取りを施し、下面の中央は浅く刳るしゃくりを施している。なお、隅柱一本の下部と台框は新補である。

前掲の梅田総太郎さんによると材は桧となっていたが、実物を見ると図録にある通り杉のようです。それとこれまで見ていた写真では分からなかったのですが、棚板の上面が凹んでいます。四辺の縁の部分が残されているようにも見えますので、収納物の落下防止の為にしゃくっているのかとも見えます。それにしては平面を出さずに中央部にいくほど凹んでいます。ちょうど図録の棚板下部の説明がそのまま当てはまるような感じです。あるいは杉のような軟材を使っているので、収納物を出し入れを繰り返しているうちに削れてしまったのかなとも思いますが、よく分かりません。

図録の解説にあるように棚板の固定はきわめてシステマティックになされています。各パーツを規格化して、に開ける棚板固定の貫を通す孔の位置を変えれば、棚板の数・間隔を容易に変更することができます。あるいは、この棚は収納する宝物の種類、大きなに合わせて様々な設定のものが用意されていたのかなと考えるのも楽しいものです。いわばこれは天平の時代のエレクターのようなものでしょう。

紫檀金銀絵書几したんきんぎんえのしょき

紫檀金銀絵書几(したんきんぎんえのしょき)図録

紫檀金銀絵書几したんきんぎんえのしょき図録

もうひとつ今回の展示で興味を惹かれたものに紫檀金銀絵書几したんきんぎんえのしょきがありました。図録の解説には巻子かんすを広げて見るたのも書見台とあります。また一見して華奢な構造のため、日々の実用に耐えうるものであったとは考えがたい。(中略)本品は何らかの仏教儀式に用いられた可能性が考えられるだろう。とも書かれています。

しかし、これを一見した時、とても瀟洒な作りながら実用的で素敵だなあと思いました。正倉院の宝物には螺鈿紫檀琵琶らでんしたんのびわのように聖武天皇の遺愛の品の他に、もっぱら儀式・祭礼の用途に作られたものがあります。むしろそちらの方が多いくらいでしょうか。そうしたものは精緻を極めた作りに華麗な装飾が施された見事なものですが、実用を旨としたものを作っている立場からは、やはりどこかよそよそしさを感じてしまう場合があります。この紫檀金銀絵書几したんきんぎんえのしょきには、そうした印象を受けませんでした。巻子かんすのための書見台という点を除けば、近世の指物によく見られる書見台をさらに繊細にしたようにも思われます。今なら譜面台とかメニュースタンドとして応用出来るかもしれません。


第63回 正倉院展

今年も、行きました。例年、混雑を避けて平日の午後から入場するのですが、今年は例年になく入場者が少なかったように思います。入場の列はありましたが、とくに待つというでもなくすっと流れて入れました。私が行った日がたまたまだったのかもしれませんが、不景気とか震災自粛の影響なのでしょうか。

金銀鈿荘唐大刀

今回の出陳の目玉は、金銀鈿荘唐大刀(きんぎんでんそうのからたち)でした。あらためて図録で見ると、装飾の細部の緻密さに感嘆させられます。そうしたものばかりに目がいってしまうとブルーノ・タウトの言ういかもの的な代物に思われるかもしれません。しかし、実物を目にすると一振りの大刀としての落ち着いた上品な佇まいを持っています。不思議なものです。(つか)には、鮫皮(エイ皮)が使ってあり、これなども下手をすると限りなく下品になるように思うのですが、蒔絵や銀、玉の他の装飾を引き締める別の質感をもったアクセントになっている様でもあり、よく吟味されているなあと感心させられます。

白木三鈷箱

白木三鈷箱

今回の出陳では、木工品それも実用に賦されたものがいくつかあり、我々木工屋にとっては楽しい。図録からいくつか載せておきます。そのうち、素木三鈷箱(しらきさんこのはこ)は、同時に出陳されている鉄三鈷(てつのさんこ)を収納するための箱です。2本のダボによる会わせ蓋となっています。その形状は、鉄三鈷のおどろおどろしい形と正反対に丸みを帯びた二つの花をあしらったような穏やかなものです。材はサクラだそうですが、鉄三鈷を納める部分は、きちんとその形状に合わせてエッジを効かせて見事に彫り上げられています。こういう仕事を見ると嬉しくなります。

柿厨子

柿厨子(かきのずし)


みつだえくもうさぎがたせきしつのひつ

密陀絵雲兎形赤漆櫃(みつだえくもうさぎがたせきしつのひつ)

そのほか、木工品だけでも複数の()や箱が出陳されています。それに復元された織物や漆皮の箱などがオリジナルのものと同時に見ることができて、これも面白い。などなど、いつもながら実用の家具や什器の制作に追われる身には心洗われるような展示です。会期は、11月14日(月)までです。

第62回正倉院展

2010正倉院展チケット

今年も正倉院展に行ってきました。今年の出展の目玉はなんと言っても螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんごげんびわ)で、チケットや目録の表紙にも使われています。

しかし、今回の展示で個人的に興味深かったのはいくつかの道具です。それもよくあるような儀式のための様式化され装飾されたものではなく、実際に使われた物のようです。展示や目録の解説には以下のようにあります。

宝庫には工匠具が六種類二十一点、及び部材二点が伝えられている。いずれも実用品と考えられ、使用による摩滅が著しいものが少なくない。

実際に展示されていたのは、(やりがんな)が5点、(やすり)が3点、刀子(とうす)が2点、(きり)が1点。以上が木工具と思われる物。いずれも鉄(鋼?)の刃に木製の柄がすげられている。

他に、打鑽(うちぎり)が6点、 多賀禰(たがね)が、4点。これらはいずれも(たがね)であり、現在も彫金や皮革の彫刻や装飾に用いられているものと同様の使われ方をしたらしい。なかには頭部がまくれ返ったものもあり、実際に叩いて使われたのがわかる。 角製工具(つのせいこうぐ)というものもあって、これは布や革の墨付けに使われたのではと解説されていた。これも和裁のヘラのようなものではないかと思った。そういえば母親が使っていたヘラも水牛の角か象牙製だったように思う。 斧柄(おのえ)というものもあったが、どういう使われ方をしたのか詳細は不明とのこと。

正倉院展目録から工匠具のページ

これらの道具は、いずれも現在の同種のものと比べて質素というか粗末なものだ。(やりがんな)とされているのも、大きさから言って生反り(なまぞり)のようなものだし、据えられた柄も無造作に削られている。仕込んだ部分から割れが入って、そこを針金のような物を巻いて補強してあるものもある。工匠に失礼だが、親方!やってますなあという感じでほほ笑ましい。御物の性質や他の収蔵品の質から考えても、特に粗末な道具を集めたとは考えにくい。逆に実際に使われたものの中からむしろ最良のものが献納されたと考えるのが自然だ。

さて、そこから展示されている工芸品の御物のすばらしく精緻で繊細な完成度とこうした工具類の粗末さとの落差に愕然とせざるをえない。たとえば、今回展示されている蘇芳地彩絵箱(すおうじさいえのはこ)や、黒柿蘇芳染金絵長花形机(くろがきすおうきんえのちょうはながたき)のようなものを、やはり展示されているこのような粗末な道具で作ったとは私などにはにわかには信じがたいほどだ。当然、残された物とは別に一品一品に合わせた様々な道具や治具を作り、色々な工夫や技を駆使して作っていったのだろうが、その過程も私の想像の域をはるかに超えたものだろうと思う。


さて、振り返って今我々が使っている道具を見ると、一見簡素ではあるがなんと精緻で合理的でよく出来た物かと思います。機会をあらためて書きたいと思いますが、鋸などは良い姿勢で力を抜いて鋸刃の重みだけでゆっくり挽いていくと、自然にまっすぐ垂直に切れていきます。良くできた鑿をちゃんと研いであれば上から叩けば、自然とまっすぐ孔を穿っていきます。そうして墨に沿って少しずつ歩かせていけば、下手な角鑿よりもきれいな穴が開けられます。こうしたすぐれた日本の木工具というのは、今から30年か40年ほど前にもう完成されてしまったように思います。しかし今でもちゃんとした道具屋に行けば良い道具が相応の値段で手に入ります。そうした道具を使いながらまともな仕事が出来ないのは、その使い手たる自分が箸にも棒にもかからないヘタレに過ぎないからです。それをさておいて、道具の些細な薀蓄の世界に逃げたり、すぐにやたら高価で便利そうな電動工具や木工機械を欲しがったりするのは、やはりどこかおかしい。

この10余年、毎年どんなに忙しくてもこれだけは欠かさず出向いて見るようにしています。昨年もあらためて調べると父親の亡くなる三日前の10月30日に行っています。その父親が寝たきりの状態で病院からの退去を迫られていて、その対応で私自身もかなり強いストレスのかかっていた時期でした。その後のドタバタもあってすっかり忘れていたのですが、その後に寄った興福寺北円堂の特別公開のデジカメ画像がパソコンに残っていて、そのデータ(Exif)により思い出しました。

興福寺北円堂

欠かさず拝観するのは、もちろんこうした御物・宝物を見て何かの参考にするとかパクるといった目的ではありません。もうまったく世界が違います。むしろ今回、天平の工匠の道具を見てあらためて感じたのですが、自分の下手さ加減や自分の作った物のつまらなさを自覚するよい機会になっています。別に自虐趣味はありませんからもう少し言うと、それでも何か物を自分で作って生きたいと思う自分がいて、そして使って喜んでくれてお金をだしてくれる人がいる。それはもうなんと幸せなことなんだろうと自分のよって立つ場所がハッキリするような気がするのだと思います。

私の知る範囲でも木工を始め金工や陶芸など工芸やクラフトと呼ばれる世界に携わる人はたくさんいます。しかし毎年とは言いませんが木工家とか自称したり言われたりしている人で、この正倉院展に行く、行ったと言う人を知りません。まあ皆さん忙しいからでしょうがもったいないことだと思います。同業他社(者)の展示会に行くくらいならこちらも一度は行ってみると良いと思います。そもそもパクリの対象にならないし、この天平の工匠の仕事を見てしまうと自分の事を(たくみ)と称したり、自分の作ったものを作品と呼んだりするような恥ずかしいことが出来なくなるかもしれません。でも若い人たちは、つまらないことに拘泥する必要はありません。もう今年は会期もおしまいになってしまいますが、来年でも良いので是非行ってみることをお奨めします。