辺野古の戦いは続いています

国による和解案受け入れの表明から2週間。辺野古の戦いは継続しています。キャンプシュワブの海軍兵士による那覇でのレイプ事件対する抗議も込められています。明日、21日は大集会が予定されています。

3月18日、キャンプシュワブのゲート前でレイプ事件に抗議。

3月18日、キャンプシュワブのゲート前でレイプ事件に抗議。

明日から沖縄に行きます

沖縄入りを予定していた前日の13日、89歳の伯母が急逝。本日16日が告別式でした。予定が短縮になりましたが、明日から沖縄へ向かいます。明日はヘリパッドの拡張工事(オスプレイパッドだ!)に反対する高江の集会がありますが、間に合わないか。


伯母の通夜の日の鈴鹿山脈 RICOH GXR A12 50mm

伯母の通夜の日の鈴鹿山脈。風が強い。
RICOH GXR A12 50mm

伯母は、3年前に妹(私の母親)を先に亡くしてから、めっきり気弱になり認知症の初期症状も現れてきました。母親が亡くなって、家に棺が置かれている間は、早朝から何度も来てくれて、棺の横に背中を丸めて座っていました。葬儀が終わってお骨になって戻ってきてからは、痛む膝を折って仏壇の前に正座して線香をあげてくれていました。そのすっかり丸く小さくなった姿と今日拾った骨になった事を思い出すにつけ、あの世とか天国とか呼ばれる世界が本当にあって、姉妹が、どうなんだろう子供の頃の姿に戻って、あるいは互いに亡くなる前の老女のままでも愉快か、再会できたら、どんなに喜んでいることでしょう。もし、そんなことがあり得たら、私の50余年の世界観など、昨日の強い風の中に、吹き飛んでしまえと思います。

沖縄愛楽園のボランティアガイド養成講座

昨年の9月から10月にかけて、辺野古に赴いた時に寄らせてもらった同じ名護市の沖縄愛楽園交流会館から、ボランティアガイド養成講座の案内メールが来ました。第1回が、もう明日(20日)なので、紹介が遅きに失しましたが、あと3月6日(日)と3月19日(土)にも行われます。学びたい人はどなたでも歓迎!1日しか受けられないという方でも参加可能です。と、案内されています。辺野古へ行こうと思っている人、普通に沖縄に観光に行こうとする人も気に留めておいて下さい。私もこの期間に、もう一度辺野古に行くつもりにしています。講座にも参加してきます。

辺野古へ行ってきました その1

9月30日(水)から、昨日4日(日)まで、沖縄に行っておりました。辺野古(へのこ)の海を見て、そこでの新基地建設に反対する座り込み闘争に、短期間ですが参加してきました。戻ってきた今の感想は、自分にとっても有意義で、たいへん楽しかった。もちろん、本来の目的として工事用ゲート前に座り込むことで、抗議と反対の意志を示せました。その事で機動隊に排除されるまでの何分何十秒だけでも、工事車両の進入を遅らせる事が出来たと、今はそれで納得しています。義務感とか使命感とか言った大仰なものでなくまた行きたいと思うし、きっと行くでしょう。なにか切迫した事態となって、人とその数が必要となれば、少々の事は放り出して行きます。

昼前のキャンプ前での抗議デモ

昼前のキャンプ前での抗議デモ

こうした感想は、不謹慎に過ぎると言われるかもしれません。あとで触れたいと思いますが、この運動は誰でも、いつでも、どんな形での参加も歓迎されます。その懐の深さと、実際の参加している人たちの多様さから、また行きたい、楽しいと思わせてくれるのだと思います。まずは、辺野古に行ってみたいが、どうしたらよいのか、どう行ったら良いのか分からない、迷っているという人のために行き方を紹介します。不明な点があれば、分かる範囲でお応えします。私たち自身が、何もわからないまま、まずは行ってみるかと出かけました。

こちらにメールを下さい → roktal@d6.dion.ne.jp


県外から辺野古への行き方

那覇空港から辺野古のテント村への行き方は、この記事を書いている段階でおもに3通りあります。

沖縄バス

テント村へは、「辺野古」バス停下車で10分ほどです。バス停を降りると進行方向・右手にキャンプ・シュワブが見えます。そのまま北(進行方向)に歩くと、県道329号線の右手にキャンプシュワブのゲートがあり、それに向かい合ってテント村があります。

キャンプシュワブ・ゲート前のテント

キャンプシュワブ・ゲート前のテント。10月4日で、455日!

島ぐるみ会議 辺野古バス

  • 那覇空港→モノレール(県庁前下車)→県民広場→辺野古テント村直行
  • 参加費 1,000円
  • 9時半集合 10時出発 17時半解散
  • 問い合わせ 島ぐるみ会議事務局 080-6482-4963

くわしくは、こちらの島ぐるみ会議のfacebookページに案内とチラシがあります。

初めてで、とりあえず一度行ってみたい人はこのバスを利用するのが良いと思います。ゲート前のテント村に直接行くことが出来ます。海のテントに行って辺野古の海も見ることができます。

レンタカー

キャンプシュワブ前での主な行動は、辺野古の埋め立てやその前のボーリング調査のための工事用資材や作業員の搬入を阻止することにあります。そのため工事用の ゲート前に座り込みます。それが連日朝の7時前後になります。そのため6時に集まって打ち合わせが行われます。これに間に合おうと思えば、事前に宿を取っ てレンタカーで乗り付ける事になります。数少ない近くの宿は長期滞在されている人で一杯のようですから、宿は名護の西側も含めたビジネスホテルなどが現実的です。名護市内であれば車で30分あれば充分です。車は、329号線沿いのキャンプ南側の変電所の近辺の歩道側の空き地に皆さん停めています。

早朝、工事用ゲート前の座り込みを排除する機動隊

早朝、工事用ゲート前の座り込みを排除する機動隊

沖縄のレンタカーは、 他県では考えられないくらい安い!私たちも、9月30日から10月4日まで、5日間借りて13,000円ポッキリでした。複数人で複数日滞在する、または 観光を含めて他にも行くつもりならレンタカーが良いと思います。空港周辺で予約しておきましょう。レンタカー屋専用の送迎バス乗り場もあります。あとで別に書きたいと思いますが、名護の屋我地島という所に国立療養所愛楽園があり、その中に交流会館がありました。今年の6月に出来たばかりのようですが、沖縄のハンセン病の歴史とその中での患者の差別され虐げられてきた歴史に触れることが出来ます。今は橋でつながっていますが、かつては隔離された離島だったのでしょう。何も知らなかった事、知ろうとしなかった事に対して、粛然とした思いにさせられます。辺野古に行ったら、ここへも是非行くべきだと思います。

続けます。

命の海と平和を守る! 相馬由里さん(辺野古「平和丸」船長)の報告会

一昨日・13日、辺野古「平和丸」船長の相馬由里さんの講演に行ってきました。相馬さん、その冒頭で今日から辺野古を離れてしばらく息抜きが出来るとか言って、いたずらっぽく笑っていました。でも、講演の最後に今日もカヌーで海に出た仲間の女性の抗議の叫びを、揚げられたSNSの音声で流しながら声を震わせていました。

支援要請のタオルを掲げる相馬さん

支援要請のタオルを掲げる相馬さん

相馬さんは、介護福祉士として働きながら好きなダイビングで沖縄に通っていたそうです。どうせならと、まず西表島に移住して、それから16年。その間にお金がなくなって員弁のデンソーに季節工として2年半いたこともあったとか。辺野古の米軍新基地(移転ではない、新しい基地なんだ!)に反対するのは、何より好きなきれいな海を守りたいから。それに、仕事で沖縄戦で受けた傷を持った人の介護をしたから、また苛烈な戦争体験の一端を聞いて、戦争はダメだと思ったからと言う。

働きながら、反対運動に忙殺されながら船舶免許を取った。それに昨年はケアマネージャーの資格を取ったそうです。ケアマネは受験資格が厳しい上に問題もむずかしく合格率3割程度と言われています。居丈高なところの全くないむしろ穏やかで謙虚な人ですが、一方でものすごく頑張る人だという事が分かります。そんな真面目でよく働く心優しい人が、仕事を通して、趣味や生活を通して、基地の問題に向き合わざるを得なかった。そして今、仕事を辞めて専従として活動している。仕事を辞める決断がついたのは、施設の利用者の人に相談したら、私が今、体が動けばすぐにでも辺野古へ行くと逆に言われたからだとおっしゃっていました。


さて、会場の聴衆を眺めて、相馬さん曰く。
今日は高齢の方が多いですね。もし、お子さんやお孫さんが、この夏にでも沖縄に行くことがあれば、そこに米軍の新しい基地が作られようとしていると、教えて上げて下さい。もしご自身が沖縄へ行かれたら、なぜ隣に米軍の車が当たり前に走っているのか、そのAナンバーとかYナンバー、なぜイオンでドルが使えるのか、なんでもいいから米軍の存在と、それが当たり前になっている沖縄の現実というものを感じて下さい。

何かを要求するのでもなく、もちろん上から目線で物を語るのではなく、機会があれば自分で感じて欲しい。そうした素直な目は持って欲しいという訴えです。心に染みます。


戦争になぜ反対しなかったそう(さか)しげに我ら言ったはず

先週の朝日歌壇に佐佐木幸綱選で載った春原さんという人の歌です。馬場あき子さんや高野公彦さんの選ではありません。安倍晋三とその茶坊主たちや、名前を出すのもおぞましい大臣病の宗教政党指導者たちのゴリ押しする戦争法案や憲法改悪への危うさを心ある人は感じている。ここへ来てまた橋下徹が出てきた。安倍と3時間の会談だそうだ。

6月15日というのは、今から55年前、日米安保条約の改定に反対するデモで、国会南門で樺美智子さんが亡くなった日です。私たちが学生の頃は、まだその事が語り継がれていました。そして、ショボイながらデモをしました。それを、私たちは語り継ぐことが出来なかった、しなかった。今の若い人の大半は樺さんの名前も知らないでしょう。

まずは、なんでも現地に行くことだと思いました。それと、津のJFEで辺野古基地のケーソンが作られようとしている。それに反対するビラまきなどもこの日の主催者が工場前で行っている。これは行かねば、行きたいと思います。

映画『圧殺の海 ー 沖縄・辺野古』を見ました

沖縄県の翁長知事が、安倍晋三や菅義偉の粛々とという言葉に怒った意味がよく分かりました。仲井真前知事の辺野古の埋め立て承認以来、基地建設・埋め立てに反対する住民は、資材搬入のゲート前で座り込みを行い、ボーリング調査ではボートやカヌーを出して、文字通り体をはって戦っている。この映画は、その様子を住民の側、座り込みの隊列の中から、海保に追い掛け回されて排除されるカヌーの中から記録している。客観性や公正を装いながら警察や行政の側からカメラを回し、記事を書いているマスコミやメディアとは違う。

一緒に見た友人と、これはやはり沖縄に行かなくてはならないと話しました。6月の平和行進には無理かもしれないが、なんとか一度現地を訪れます。