定点観測 4

定点観測地点での、今年のサクラです。いずれの写真も左上隅と右下隅がケラレていますが、これはあわててレンズ(KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8)のフードを付ける方向を間違えたためです。

4月12日(以下も同じ}、今年はサクラの開花が遅かった。
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / PEN E-P5

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / PEN E-P5

KOWA PROMINAR 8.5mm f2.8 / PEN E-P5


おまけの今年のサクラ。こちらも工房近くの海蔵川、通勤の道です。

KOWA PROMINAR 8.5mm f2.8 / PEN E-P5

KOWA PROMINAR 8.5mm f2.8 / PEN E-P5

KOWA PROMINAR 8.5mm f2.8 / PEN E-P5

定点観測 3

1月15日は、私の住む四日市は大雪でした。全国版のニュースでも四日市と広島の大雪が伝えられたほどでした。気象台の観測では、積雪20センチとの発表でしたが、実際に屋根や軒に積もった雪を見ると30センチから40センチほどもありました。

その日は神戸に向かうはずでした。熊本のボランティアの現場のリーダーであったカオリ隊長の教会のコンサートに、同じく熊本でお世話になった初穂さんもお見えになるとの事でした。夜勤明けの連れ合いと一緒に、これはぜひとも行かねばと準備していたのですが、結局断念しました。前日からの雪で市内や近辺の鉄道も間引き・大幅遅延となっており、なんとか脱出できても、まだ雪は振り続いており戻ってこれないだろうと判断したからです。

高々30センチや40センチの雪くらい雪国の人からみれば、なんてこともないのでしょう。私も京都に住んでいた頃は、これくらいの雪は何度か経験していますが、環境もインフラも対策されず、何より人が慣れていない地域では混乱します。かいた雪を処分もできない。私の家の前には、結局それから2週間ほども集めた雪が残っていました。

雪の中の定点観測地点の画像です。ただし、こんな天気と足もとの中、いつものKOWA PROMINAR 8.5mm F2.8を持ち出す気にもなれず、使い慣れたRICOH GXR A12 28mmです。画角は違いますが、こんな時はハンドリング優先です。そう言えば2011年の3月に、東北に向かった時もこのGXRを持って行きましたし、山に行く時もたいていはこのカメラでした。

1月16日 
RICOH GXR A12 28mm

1月16日
RICOH GXR A12 28mm

1月16日
RICOH GXR A12 28mm

1月17日
RICOH GXR A12 28mm


おまけ

1月16日 工房近くの海蔵川堤防
RICOH GXR A12 28mm

定点観測 2

小春日和な週末、昼休みにカメラを持ち出す。定点観測地点。

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / PEN E-P5

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / PEN E-P5
中央付近、秋の写真で彼岸花が写っている辺りに自転車を転がしてある。


KOWA  PROMINAR 8.5mm fF2.8 / PEN E-P5

KOWA PROMINAR 8.5mm fF2.8 / PEN E-P5
このレンズは、逆光には弱いように思う。時にひどいフレアが出ることがある。


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / PEN E-P5

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / PEN E-P5

連れ合いにLUMIX DMC-GX7を召し上げられてしまったので、OLYMPUS PEN E-P5で撮る。同じマイクロフォーサーズ規格で、デジカメとしての性能という面では、別に遜色はないと思う。5軸手ぶれ補正というのは、本当によく効く。ただ、このオリンパスのカメラはインターフェースが支離滅裂で、使い勝手がきわめて悪い。おまけにレンズキットに付いていた外付けのEVFは、すばらしくよく見えるのだが、チョンマゲと揶揄されているように不細工きわまりない。ようするにあまり持ち出す気になれないのだ。オリンパスのカメラとシャープの家電というのは、高い先端的な性能と使い勝手の独り善がりな未熟さという面で似ていると思う。

アクセスエラーのお詫び

昨日、久々に更新しようと思って管理ページ(ダッシュボード)にアクセスしたら、真っ白な画面しか表示されません。ブログの通常のトップページも同様です。chromeで、アクセスしたら、http error 500 と出ました。要するにサーバー内部のエラーのようですが、同じサーバー内のホームページの方は普通に表示されます。いつからこうなっていたのか、更新をサボっていたため分かりませんが、せっかくアクセスして下さった皆さま、申し訳ありませんでした。

レンタルサーバー会社にメールで問い合わせると、こちら(クライアント)でインストールしたwordpressの動作に関しては立ち入れないが、たぶん.htaccessの記述ミスか、phpからみだろうとの事。.htaccessは、以前に弄って、やはりアクセス出来なくなったので、初期のままに戻してあります。それで、教えて貰った方法でphpエラーを表示させると、以下のようなメッセージが出ました。

Fatal error: Class ‘slim_browscap_db’ not found in /home/rokutaru/www/blog/wp-content/plugins/wp-slimstat/browscap/browser.php on line 22

要するに、wp-slimstatというプラグインが悪さをしているようで、このプラグインを更新してからおかしくなったのか?それで、FTPでアクセスして、乱暴にこのプラグインをディレクトリごと削除したら、何事もなかったかのように復帰。


wordpressを運用している皆さん、おかしなプラグインは入れないほうが良いです。それで、もし私のようにアクセスエラーになったら、FTPからアクセスして、プラグインディレクトリ("wordpressのディレクトリ"/wp-content/plugins/)の下のディレクトリとファイルを全部を一端削除してしまうとよいかもしれません。必要なプラグインは、復帰したらまた入れ直したら良いだけです。

定点観測

久しぶりの休日の晴れ間に、KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8を持ち出してみた。いずれも老雑種犬・タローの散歩コースだ。

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 LUMIX DMC-GX7 9月25日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / LUMIX DMC-GX7 9月25日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 LUMIX DMC-GX7 4月8日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / LUMIX DMC-GX7 4月8日


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 LUMIX DMC-GX7 9月25日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / LUMIX DMC-GX7 9月25日 。中に白い彼岸花が3輪。

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 LUMIX DMC-GX7 4月8日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / LUMIX DMC-GX7 4月8日


KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 LUMIX DMC-GX7 9月25日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / LUMIX DMC-GX7 9月25日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 4月8日

KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8 / LUMIX DMC-GX7 4月8日


おまけ。老犬の背中の上の彼岸花に、2匹のアゲハチョウがカップリング中。

中央付近に2匹のアゲハチョウがいます。

中央付近に2匹のアゲハチョウがいます。


いずれも、レンズ側で絞りを8にして撮っている。カメラ側のモードを絞り優先AEにしておけば、自動で露出(シャッター速度)を決めてくれる。フォーカスは、無限遠付近にしておいて、カメラのフォーカスアシストを使って一応確認しながら撮っているが、8まで絞れば、ほぼパンフォーカスと言える。MFレンズだからといって、とくに難しい訳でもない。ただ、こうした屋外でMFレンズを使う場合は、ファインダー(光学、EVF)は必須だ。

ネットにおける著作権 1 わたしのサイトからの画像盗用について

別に大仰な議論を展開しようというつもりはありません。後で述べるように、わたし自身のサイトからの画像の盗用の問題に触れるために、自分なりに問題を整理したいだけです。また、しばしば映画や楽曲の違法コピーの流布・販売として問題になる著作財産権の問題は触れません。あくまでも、自分が書いた文章や、撮影・編集した画像のささやかではあれ、絶対的な権利とそれの盗用の問題についての私見です。

他人のコンテンツを拝借するのは、引用盗用のどちらかである

色々なサイトの日本語による著作権表示を見ると、転載転用無断転用引用などの言葉が使われています。基本は、それらすべてを禁止した上で、そのために、やれ事前承認が必要とか、事前連絡が必要とか、あります。その言葉の定義とか使わけ、違いがよく分かりません。おそらくこんなことを書いているサイト管理者も、よく分からずに何かの雛形か、もともとのブログやサイトのテンプレートをそのまま使っているのでしょう。

ネット上で、他のサイトの画像や文章や他のすべてのコンテンツ(嫌いな言葉ですが、こうした例ではよく使われるのであえて書きます)を、自分のサイトに取り込むには、引用盗用の二つしかありません。どちらか一方です。上にあげたようなその他の、転載転用無断転用などという言葉は、それを曖昧にしているだけです。

引用元(出典)を明記しないものはすべて盗用である

その引用と盗用のどこが違うかは、原著作者名と引用元(出典)を明記するかしないかだけです。そして、原則としてすべての引用は、引用元の承認や通知と無関係にすべて合法であるべきです。逆に、引用元(出典)を明記しない転載はすべて盗用であり犯罪です。ついうっかりとか、盗用の意識はなかったというのは、関係ありません。よく盗用者が言い訳にするそうした口実は、少なくとも現在の日本の法規範の基礎をなす意識・常識から言って不当な言い逃れにすぎません。これはまた別に書きます。

たとえば夏休みの宿題で、一枚の絵を描いて提出という課題があるとします。私たちの頃は、定番でした。まあ、別に子どもの宿題ではなくて、公募展への応募と考えてもいいでしょう。どこかに他人の描いた絵かポスターが張り出してあったとします。人に見てもらうために敢えて外に掲示してありました。それを無断で持ってきて、自分の描いた絵だとして宿題として、あるいは公募展への応募として提出したら、それは許される行為ではありませんね。もう少し言えば他人をあざむく詐欺であり犯罪です。他人の管理するサイトから無断で画像を持ってきて、自分のサイトに原著作者名や出典などなしに貼り付けるのはそれと同じことです。あとであげるわたしのミズメの画像の盗用などは、パクってきた写真を自分の個展の写真の中に、こっそり混ぜて展示するようなものです。

引用の例

具体的な例をあげます。まずは、引用です。よい例です。DIY FACTORYというサイトの、オーク(ナラ)材の特徴と、DIYで扱う場合の加工や塗装方法について。というページに、わたしのサイトからミズナラの森の写真が使われています。ただし、出典 roktal.comとして、そこにわたしのサイトへのリンクが貼られています。事前にも事後にも連絡をもらっていませんが、今回自分の画像転用を調べている際に見つけました。もちろん正当な引用でありまったく問題はありません。むしろ元の画像は、家具材料にされる樹木の姿とかその森の様子を家具や木工に関心のある人に触れて欲しいと思って載せたものです。ですから、こうしたDIYを運営するサイトにおいて材料としてのナラを解説する一環として画像を使ってもらうのは大歓迎です。それが営業のサイトであるか、ボランタリーなサイトであるかも関係ありません。

mizunara3_1000

引用されたミズナラの森の画像


盗用の悪質な例 2件

8年間も盗用され続けていた

今度は、盗用されている例をあげます。わたしの本サイトのミズメという記事にある画像が、あるサイトに8年間も盗用されています。下の画像です。ちなみに、この画像の元のデジカメデータは、そのEXIFとともに保存してあります。盗用者に居直られたり逆ギレされたりした時のために、こうした元のオリジナルデータは保存しておくべきだと今回痛感しました。

盗用されたミズメの幹の画像

前者は所属する会のブログへの投稿、後者は個人ブログのようですが、投稿者したがって盗用者は同一のように思われます、特に後者の記事では、他の多くの花などの画像が並ぶなかで、わたしのサイトから盗用したミズメの画像が貼られています。善意の第三者が見れば、この画像も投稿者である浅木、及び定年生活なる人物が撮影・編集したものと当然思うことでしょう。盗用者は、分別のあるはずの定年生活者であり、サポートレンジャーとか指導員とか呼ばれる人のようですが、少なくともネットの世界においては良識とか定見とかとは無縁な人物のようです。実に不愉快です。

盗人猛々しい同業者サイト

読んでくださっている人も不愉快だと思いますが、もう一件画像盗用の例におつきあい下さい。こちらは商用のサイトであり建築設計業務という広い意味で同業者であること。他人の画像を盗用しながら、自分ではぬけぬけと著作権表示を自分のサイトでしていることなど、かなり悪質です。

こちらはタクミホームズ提供する建築用語集ー現場で使える建築用語の中の1ページです。ここに、わたしのサイトの留隠蟻組・座卓の製作の中の画像が、盗用されています。この画像はわたしの工房の中で、三脚を立ててタイマーを使って撮りました。部材の後ろに写っているのは、わたしの足です・・・。これもオリジナルデータがあります。

盗用された留隠蟻組座卓の画像

この盗用者のサイトには、他にもたくさんの画像があります。そのすべてがパクリとは思いません。管理人や社員が撮ったものもあるでしょう。それなら、こうした作業中に仕掛品の写真を撮って編集するというのが、そこそこ手間がかかるというのは分かっているはずです。それを承知で他人のサイトからパクってきて載せるというのは、いかにもさもしい行為だと思います。それにいやしくもを名乗っているなら、これくらいの組手は、見本としてでも自分たちで作ったらよいでしょう。なんだか画像(わたしの仕事)に対する説明もおかしいですしね。自分でおやりなさい。

それとさらに許しがたいのは、このサイトのトップページには、Copyright kenchikuyogo.com All Rights Reservedとヌケヌケと著作権表示がしてあることです。著作権表示の件は、また別記事で触れたいと思いますが、それ自体に法律的な意味はありません。こうした表示をしようがしまいが全ての著作物は、それが出来た段階で著作権が発生します。それを敢えて表示するのは、まあこけ脅しのようなものです。しかし、ここのようなパクリサイトにこれをやられると別の意味を感じます。All Rights Reserved、つまり、パクったわたしの画像も含めて全ての権利を保持すると言っているのです。盗人(ぬすっと)猛々(たけだけ)しいとは、こうしたことです。他人の物を盗んできて、あらためてこれはオレのものだオレに権利(著作権)があると言っているのだから、もうあきれる他ありません。

画像のパクリは、簡単に分かるようになった(くやしいがGoogle様のおかげ)

ご存知の人も多いと思いますが、ネット上の画像の盗用を調べるのは実に簡単に出来るようになりました。興味があれば、Google 画像検索とかで検索してみれば、そのやり方はすぐに分かります。わたしも最近その事を知って、試しに自分のサイトの画像を調べてみたのです。そうすると盗用先が出てくる出てくる。かなり暗い気分になって途中でやめていましました。もうね、特に公的、社会的、あるいは商業サイトでもない個人がやっているブログなどは、どうでも良いかという気になります。ただ、上にあげた例のように、特に悪質と思われるものは、ネットにおける最低限の良識とか秩序を守るためにも晒していこうと思います。

山がきれいに見えた

機械の付属品の後は、3日間ひたすら鉋かけが続いた。重くて硬いナラを、4枚の鉋で研いでは削る。

先週末は、この冬初めて冠雪した鈴鹿の山並みがきれいに見えた。

御在所岳と鎌ヶ岳 OLYMPUS PEN E-P5 M.ZUIKO 45mm F1.8

御在所岳と鎌ヶ岳。1月22日。
OLYMPUS PEN E-P5 M.ZUIKO 45mm F1.8

同じく御在所岳と鎌ヶ岳。1月24日。別の場所から。
OLYMPUSU PEN E-P5 M.ZUIKO 45mm F1.8

 

私は、デジカメはだいたい絞り優先AE(自動露出)モードで使っている。仕事柄、被写体のどの部分にまで焦点を当てるか(被写界深度)という点が気になるからだ。デジカメの良い点は、それを液晶で確認しながら撮影できることだ。最近では、さらにそれをWiFiで飛ばしてタブレットなどのより大きなディスプレイで見る事が出来る。

ただ、こうした遠くの風景を撮る場合は、絞りを8程度にして焦点を無限遠にしておけば、あとはカメラの方でいいように写してくれるさとザックリ、シャッターを押す。たまにはと、カメラが撮影シーンに最適な撮影モードを自動的に設定するフルオートモードです。というiAUTOというのも使ってみた。それが、下の画像。いずれも画像サイズを縮小しただけで、補正もトリミングもしていません。

"iAUTO"モードで撮る

“iAUTO”モードで撮る
OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO 45mm F1.8

"iAUTO"モードで撮る。

“iAUTO”モードで撮る。
OLYMPUS PEN E-P5 / M.ZUIKO 45mm F1.8

なんだかねえ。こうしたギトギトで目に痛いような絵は、いかにもデジカメらしい画像と言えるのかもしれません。Exifデータを見ると、絞り9.0(上の画像)、10.0(下)。Contrast・ハード、Sharpness・ハードなどとなっています。画素数と見かけ上の高解像度を売りにするため、こうした設定をしているのでしょう。しかし、老舗の光学メーカーであるオリンパスの考える撮影シーンに最適な設定というのがこれでは、寂しい気がします。

機械の付属品のように仕事をしている

年明けから、機械の付属品のように仕事をしている。木工という仕事が、木工機械と電動工具だけでやれてしまうものなら、続けていない、というかそもそもはじめていなかったと思います。おまけに、今使っている材料は、重くてよく刺がささる。ナラの小径木の柾目で、ほとんど芯の部分まで挽いてある(寸検値を稼ぐため?)ため、その部分がよくむしれてくる。少々のことは職業柄慣れっこのはずなのだが、今回はきつい。暫く前に使ったウエンジというアフリカ材以来かな。

ナラの柾目。これで、0.6立米ほどある。

ナラの柾目。これで、0.6立米ほどある。

特に、右手の小指の爪の間に刺さったものがやっかいで、奥深く入って取れない。2〜3日置いて頭が出てからと放置してあるが、ズキズキ痛む。今さら気がついたのだが、こうしてキーボードを打つ時に右手小指というのは、EnterBackspace(音引き)などけっこう使う。私の場合は、101英字キーボードを使っていて、大きなSpaceキーで日本語変換、Enterで確定としており、右手小指でEnterをガチガチ叩いて、打鍵のリズムをとっている。今は、薬指で代用しているが、どうも具合が悪い。

ついでに言うと、このブログの記事もEmacsというUnixLinuxの定番のエディターで入力している。それを、HTMLとしてディスクに保存してから、あらためて、WordPressのテキストモードという投稿モードに貼り付けている。バックアップにもなるし、そのまま別にHTMLとしてアップも出来る。そのEmacsでは、編集のショートカットでCntrlキーの同時押しを頻繁に使う。そのため、設定でCntrlキーとCapsLockキーを入れ替えている。そのCntrlキーを左手小指で押さえる。これも、Linux使いの定番の設定なのだが、やはり左手小指が使えなくなると、まともに入力が出来なくなるなとか思う。

EmacsでHTMLを編集。スクリーンショット。

EmacsでHTMLを編集。スクリーンショット。