台湾の木工書・『木工職人 基礎手工具』 
その2 目を通してみた

この『木工職人 基礎手工具』は、運営する木工学校の教科書として編集されたようだ。最専業的木工学習環境と謳っており、サイトの写真だけ眺めても本格的な実技講習をしているように見える。 この本は、その手始めとして基礎手工具としての鑿、鉋、鋸などの使い方、研ぎ方などを解説している。これらの道具は、あらかた日本のものかそれに倣ったもののようだ。

概略は、販売サイトから見ることが出来る。→ 【限時特売】<木工職人基礎手工具>書

表紙カバーの折り返しに、研ぎ角度確認用の切り込みがある。

さっと目を通してみたが、非常によく出来ていると思った。まずは表紙カバーの折り返しに刻まれた角度定規に目が行く。洒落たアイデアだ。教科書としていつも講習や作業の際の手元に置いておき、鑿や鉋の研ぎ角をチェックできる。私自身も、木工をはじめた頃に、25度、30度、35度の切れ込みを入れた定規を2.3ミリの合板で作ってそれを目安にしていた。日本の30年ほども前からのバブリーとも言えた木工雑誌や数多の技法書の類で、こうしたものを見た覚えがない。厚紙の付録にでもすれば簡単に出来ただろうに。こうした雑誌や、書籍の編集者や出版元の目線がどこにあったのかが、いまさら伺いしれるような気がする。以下、他に気がついた点のいくつか書いてみる。

鑿の裏の研ぎをイラストで解説

図版と、写真の使い方がよく考えられている。この点は、私も使った日本の職業訓練校の教科書やいま市中に出回っている木工の技法書のおざなりさとは大違いだ。初心者が悩んだり躓くであろう事が、イラストで説明されている。たとえば、このページでは鑿の裏の研ぎ方について解説されている。この鑿の裏の研ぎというのは、意外に難しい(鉋もそうだが)。油断をするとすぐに瓢箪形になったりベタ裏になったりする。鑿の裏は定規であり、その平面維持が仕事の精度や品格に直結する。この点に関しては、以前にホームページに書いたことがある。

鉋の紐裏・鑿も紐裏

ちなみに鑿の裏研ぎが難しいというのは、とある銘品の鑿の展示をみても思った。これは、神戸の竹中大工道具館に所蔵展示されている善作の鑿。村松貞治郎さんの『道具曼荼羅』でも紹介されている。村松さんの本では、表の画像ばかりが載せられていたので、裏は初めて見た。これは東京の名人といわれた野村棟梁の所有していたもので、棟梁がいかにその鑿を大事に扱っていたかは、本の中のエピソードでも語られている。それにしても残念な状態になってしまっている。あるいは、棟梁の手からこちらに寄贈される前に誰かヤクザな人間に扱われてしまったか、ここでの手入れや研ぎがひどいのか。村松さんの本の写真と比べると、表や刃先もダレたひどい状態になっているから、棟梁の扱いのゆえとは思いたくない。

竹中大工道具館に展示の「善作」の鑿・裏

同じく「善作」の鑿・表

ここには、千代鶴是秀さんの打った組鑿も展示されている。これを大阪の大工が購入した際のエピソードが東京の土田さんよって伝えられている伝説化された銘品(だそうだ)。その大工の死後、アマチュアの好事家の手など経てここに来たらしい。やはり残念な姿だった。なんというか、これで仕事をする或いは仕事をしてきたという凛とした緊張感漂うようなたたずまいがない。よくテキ屋の店頭に並ぶ古道具の、適当にサンダーかペーパーをかけて錆だけは落としましたという風情だ。こちらも経緯は不明だが、道具というのは実際に仕事に使われなくなるとこうなってしまうのかな。なお、竹中大工道具館では他の入場者の迷惑にならない範囲での撮影は許されている。当然ながら、言われなくとも三脚やフラッシュはダメというくらいの常識は持ちたい。


手工具を使った実際の工作方法も書かれている。日本式の鉋を押して使っているのは、ご愛嬌としても、これは、まあアマチュアのやり方の解説になっている。ホゾや胴付を遊びを取って加工して、鑿で仕上げ・修正するように書かれている。こんなことは昔の親方に見られたら、それこそ玄能が飛んできそうな内容だが、それはまた別に書こうと思います。それと、鑿を使った穴の穿ち方も、書かれているのは大工式のやり方で、この辺りも混乱が見られて、最専業的木工学習環境を謳う教科書としては少しさびしい気がする。

『木工職人』のホゾ加工のページ

同じく鑿による穴あけのページ

そういう気になる点は、多々ありながら、とてもよく出来た教科書であることは間違いない。各工程の説明につけられたイラストは、分かりやすくとてもよく出来ている。一方で、日本の職業訓練校用の教科書は、相変わらず古いあまり上等とも分かりやすいとも思えない図版を何十年も使いまわしている状態だ。各地にあるあまたの職業能力開発協会という厚労省の役人の天下り組織は何をやっているのだろう。他方、市販の木工本は、どこかの道具屋や特定の鍛冶の宣伝用カタログのような代物ばかりだ。『○○大全』とか銘打った道具や木工の本が出されるたびにがっかりさせられる。

もうね。かつての半導体や家電がそうであったように、こうした木材の工芸的な技能や職能も台湾や他のアジアの国や地域に奪われていく。それで、インチキな手作りコピーと、薄さ何ミクロンの鉋屑といった非生産的で無益なお遊びだけが残っていく。それも近い、というかもうすでにそうなっているのかと考えさせられます。

ドイツ、リーフラー社の古い製図器 2

前の記事で、この時代のリーフラーのものは、まだそうした分岐(英式、独式)が生じる以前の、それもある面では両者のいいとこ取りともいえる手の込んだ作りになっています。と書きました。それが、一番端的に現れているのがこのデバイダーだと思います。

ドイツ、リーフラー社の古い(19世紀末から20世紀初頭)のデバイダー

下に、比較のため他の英式と独式のデバイダーの例をあげます。

英式デバイダー (ウチダ)

独式デバイダー、上・KERN(スイス)、下・HAFF(ドイツ)

これもまた前の記事で、実際の使い勝手という面では、独式の方が優れていると書いてしまいましたが、ことデバイダーに関しては英式の物の方が優れていると思います。と言うか独式には、そもそもまともなデバイダーというものはない。

デバイダーの用途は、寸法を移すことにあります。(名前の通り寸法を分割する機能もありますが、それはむしろ副次的なものであったと思います。それにその用途に特化した比例コンパスというものもあります。)CADであれば複写とか複線といった操作で簡単に出来る寸法の移動・複写というのは、機械製図の場合は、相応に手間のかかる作業になります。寸法を定規とか図面からいったん移したら簡単にずれてはダメですし、針先もグラつきのない安定したものであることが求められます。その意味で、英式のデバイダーは大変良く出来ています。脚の一方はその長さの半分くらいまでが鋼の針となりろう付けされ一体化されています。もう一方の脚は、針の鋼が途中で板状になり、本体に付けられたネジで開閉幅の微調整が可能です。それに対して、独式のデバイダーというのは単にコンパスの針の形状を変えただけのただの間に合わせように見えます。

独式デバイダーの針とその固定方法(上・KERN、下・HAFF)、いわゆる引き針式と同じ

あらためてこの古いリーフラーのデバイダーを見ます。部品の構成としては英式のそれに倣っています。針は洋白の脚部と一体化した鋼で、脚のクビレの所でろう付けされています。微調整用のネジの仕掛けはありませんし、後の独式のコンパスのようなハンドルの中心保持機構もありません。それでもハンドルを含めて4枚の洋白の極めて精緻な組みつけで、スムーズかつ安定した開閉が出来ます。もちろん脚部と一体化された鋼の針は充分な強度と安定性があります。なにより感心させられるのは、デバイダーに求められる機能・要素を満たしながら英式のような無骨なものでなく、こうしたエレガントな形にまとめあげたデザイン技量です。あの精緻きわまりないリーフラー時計の設計には、こうした道具こそふさわしい。

また、デバイダーはその役割から言って一度取った寸法は暫くは、場合によっては最後まで残さなければならないこともあるでしょう。すると複数のデバイダーが必要となります。一度崩した寸法は、なかなか正確に再現できないものです。このあたりは、木工具のケビキとよく似ています。木工を習い始めた頃、ケビキを崩すなとよく言われたものです。少し複雑な仕事の場合、複数のケビキを寸法を残したまま仕事を終えるようにするのが、現実的には一番間違いがないでしょう。墨のつけ忘れと言うのはよくあるものです。

セットを見ると、この小さなセットの中に3種類のデバイダーが入っています。その内の一つは穂替えコンパスですが、コンパス用の細い針をネジ止めした脚(穂)を代用するのではなく、2本のちゃんとしたデバイダーと同型の一体化した針があります。もうひとつはいわゆるスプリングコンパス型のデバイダーですが、これもよくあるのは、烏口、鉛筆、デバイダーの3種類がセットになったものですが、こちらはデバイダーのみという割り切り方です。このリーフラーのRound Systemは、墨入れ道具ではなく製図道具として極めて簡潔かつ合理的に構成されたものと言えます。

スプリングタイプのデバイダー。大きな鋼の針が付く。

セットの中の穂替えコンパス。延長用のバーと烏口を付けた状態。コンパス用の細い針のついた物(左脚に装着済)とは別に、デバイダー用の穂が2本用意されている(中の下2本)。

ドイツ、リーフラー社の古い製図器 1

ドイツ、リーフラー社の古い製図器セット

縁あって今、私の手元にあるドイツ・リーフラー社の古い製図器です。リーフラー社というと、リーフラー時計と呼ばれる世界最高峰の機械式時計を制作していた会社として知られています。リーフラー時計は、天文時計としてまた標準時の原器として、水晶発振子が実用化される1950年代まで日本を含む世界中で使われてきたそうです。リーフラー社は、現在も存続していて(riefler industry)、オフィス家具の製造・販売を行っているようですが、かつての世界に冠たる名門企業としてはいささか寂しい内容です。リーフラー社のウエブサイトは、ごく最近リニューアルされたようで、以下の記述はなくなりました。また英語への表示の切り替えも加わりました。(2017年4月18日)ウェブサイトもドイツ語のみです。その中の自社紹介のページÜber Unsを見ると、往年の栄光ある製品としてDIE GENAUESTE MECHANISCHE UHR DER WELT!(世界で最も正確な機械式時計)とならんで、Das Statussymbol des Ingenieurs(エンジニアのステイタスシンボルであり、 Zeitlose Eleganz(時代を超えたエレガンス)を持つ製図器をあげています。

「エレガンス」の極みとも言えるリーフラーの古いデバイダー

この製図器セットは、あとで検証するように100年以上前の19世紀に作られた物のようですが、たしかに今見ても極めてエレガントで美しい。古い製図器というと、HAFF(ドイツ)とか、KERN(スイス)、KEUFFEL&ESSER(米国)などにも機能美にあふれたうつくしいものがありますし、日本のウチダの英式の製図器なども私は好きです。しかしながら、その中でもこの骨董品とも言えるリーフラーのものは出色の出来だと思います。

製図器は、後にその形状や製作方法により、独式、英式のおもに二つの形式の分かれます(他に、仏式というものもあるようですが、これは英式の一種と考えても良さそうです)。この時代のリーフラーのものは、まだそうした分岐が生じる以前の、それもある面では両者のいいとこ取りともいえる手の込んだ作りになっています。

リーフラー社の古い烏口。1900年頃によく見られる形状のようだ。

突き針を内蔵している。

このセットに入った3種類の烏口。上から、細線用、中・太線用、穂替えコンパス用。いずれも丁番によってブレードが上下に開閉する。後に「英式」の典型とされる仕様。

たとえば、この烏口ですが、2枚のブレードが丁番によって上下に開閉します。これは、後に英式の烏口の典型とも言える形状になります。これに対して独式の烏口は横方向に開閉するか、あるいは2枚のブレードが固定された(割られた)ものになります。David M RichesさんのMathematical Instruments A private collectionの中のClemens Riefler のコレクションを見ると、リーフラー社がこうした上下開閉式のブレード(hinged nibs)を製造・販売していたのは、1920年代遅くとも30年代のはじめまでだったようです。こうした丁番による開閉の機構を持つ烏口というのは、20世紀はじめくらいまではドイツを含む各国で作られていたようです。たとえば、こちら(esser1900.pdf)で、Keuffel & Esser社(ニューヨーク)の1900年の製図器と測量器具の総合カタログを見ることができます。ここでも、烏口は2種類、開閉式(Pen with joint)と固定式(Pen without joint)が紹介されています。ここでは、後にドイツ式の典型とされる水平回転式ものはありません。

烏口4種。上から、HAFF社、HAFF社(太線用)、ウチダ英式(スタンレータイプ)、古いリーフラー社

それにしても、このKeuffel & Esserの大部のカタログはたいへん興味深い。当然英文ですが、カタログですから難しくはありません。製図器などに関心のある人には一読をおすすめします。CADに替わられる前の製図器全盛の時代の頃の道具は、すでにこの1900年にたいていは出揃っていたのだと感心させられます。たとえば、ドロップコンパスとか、比例コンバス、穂替え、小文廻しなどのコンパス類。または双曲線烏口や、3枚ブレードの太線烏口、2種類の破線烏口、文字用のルンドペンなどの墨入れ用の道具類。雲型定規や、三角スケールに計算尺。この手のものがすべてカタログに網羅されています。また、カタログには自社ブランドのパラゴンインスツルメンツ(コンパスの接合部にピボットと、ロックシステムがありそれをパテント化している)の他に、イングリシュ・インスツルメンツ(英式)、ジャーマン・インスツルメンツ(独式)、フレンチ・インスツルメンツ(仏式)などに分類・製品化されています。英式は、後の英式製図器そのものですが、独式のものも躯体は洋白だしセットの中には典型的な英式のデバイダーや穂替コンパスが入っているなど、その分類がよく分かりません。仏式にいたっては、たとえば英式と比べてどこが分類の基準なのかさっぱり不明です。

このKeuffel & Esserのカタログや、Mathematical Instruments A private collectionColledting ME.comDrawingなどの個人コレクションを拝見していると、まだ20世紀の初頭には製図器の様式は分岐しておらず産地や使用者の嗜好で、英国風(好み)、ドイツ風(好み)と呼ばれていただけのようにも思えます。その後、20世紀の工業化・2つの大戦を含む軍備拡張の中で、製図器の需要も爆発的に増え、生産の機械化・規格化が求められて、今日独式と呼ばれる形式のものが主流になっていったのだと思います。その中で、第2次大戦以降も英式の製図器をガラパゴス的に作り続けたのは日本くらいのようです。前記David M Richesさんは、そのサイトの中で、Drawing InstrumentsMajor makersとして地元の英国本国のメーカー4社を取り上げていますが、いずれも1930年代までには、traditinal patternをやめてflat pattern に代わったと書かれています。海外オークションを観察しても1950年代以降に作られた英式製図器というのは見当たりません。それならばなぜ日本でだけ英式の製図器が独式とともにCADに取って代わられる前まで作り続けられてきたのか、不思議な気がします。実際の使い勝手という面では、独式の方が優れているように思います。それに規格化されているおかげで、穂替えコンパスなど互換性があって、HAFFのものにウチダの烏口が嵌まりますし、製図ペンが普及するとアダプターを介して烏口の代わりに簡単に使えました。戦前の海軍と陸軍が独式と英式をそれぞれ採用していて、その不毛な縄張り意識が、戦後の教育・研究機関や役所、関連のメーカーにまで持ち越されたという説もあるようですが、ソースが不明だし、どうもいかにも話が上手く出来過ぎていて、にわかに信用する気になれません。ただ、洋白を手作業で削って整形し、丁番の嵌め合いを一つずつ調整しながら組み立てるという非能率だが精度を要求される仕事が、日本の町工場の仕事にマッチしていた。またそれを自分の商売道具として使うことに矜持を感じるような技術屋、設計士、トレーサーに支えられてきたとは考えられないでしょうか。そうすると、それは鉋や鑿、鋸といった日本で独自に発展した形の木工具が今も残って、それなりににしろ使われているのと通じるものがあるように思います。

京都・画箋堂ブランドの製図器セット(英式、中身はウチダ製)。抱き針式のコンパス類、スタンレータイプの烏口など、高級品(いわゆる「竹」ランク)。

鉋台の刃口埋め 3 番外 刃口脇の処理について

前の記事の鉋の刃口脇の欠き取りについて、木工界の碩学で稀有の著書・『組手 國政流・江戸指物の美』の著者である阿部藏之さんからメールを頂きました。以下その一部を引用します。

大工職は台直しが頻繁で、(中略)水分のある被削材が多いので、屑だしをよくするために切るようです。深く切ればびびりが出ますね。家具精密木工・鉋台打ち職では無用かと。

また、素材別、業務別で使い勝手や好みも違うので、この辺りの処理の仕方は色々とのことです。これまで、注意して見てこなかったのですが、大工、木型屋、建具屋など機会があればそれぞれの道具を拝見して、その由緒など聞いてみたいものです。 だたそこまで道具にこだわって仕事をしている職人がいかほど残っているかとも思います。

台直し用のジグと専用の台直し鉋。これで刃口を保護しながら脇も削る事が出来る。

台直し用のジグと専用の台直し鉋。これで刃口を保護しながら脇も削る事が出来る。

それで、わたしは現状どう処理しているかと言うと、常用の鉋ではごく薄く欠き取っています。やはり阿部さんもおっしゃるように、仕事中などに台直しを行う場合には、あまりクリティカルな処理はやってられないという感じです。ただ、最後の仕上げ仕事用で寸八とか二寸の鉋など台自体が微妙な調整が必要なものは、上のような治具とそれ専用の台直し鉋を使っています。使い方の説明は不要でしょう。これは、どこかの雑誌か何かで見たものを真似したもので、もちろん私のオリジナルではありません。

鉋台の刃口埋め 2 やってはいけない→「横断型木端埋め法」

「鉋台の刃口埋め 1 簡便木口埋め法」という記事を載せてから、随分と日が経ってしまいました。今回は、それに関連してやってはいけない方法について触れます。

廃業した木型屋からもらった小鉋

廃業した木型屋からもらった小鉋

画像は、この仕事をはじめたばかりの頃に、ある廃業する木型屋さんから道具を分けてもらった時に紛れて入っていた小鉋です。見て分かる通り刃もベタ裏になっていたので、叩いて無理から裏を作って台も直しています。ホゾの面取りなどの荒仕事に使ったりしていました。この鉋の刃口は前の所有者によって埋められていました。とりあえず横断型木端埋め法とでもしておきます。

刃口部分の拡大図

刃口部分の拡大図

こうした刃口埋めのやり方は、現場などでもよく見ました。それにネットでも紹介されています。ご丁寧に動画にしているサイトもあります。このやり方は、丸鋸盤と2〜3分(6〜9ミリ)くらいのカッターがあれば5分もあれば出来ます。きわめて安直な方法ですので、おそらくまねをする人も多いでしょう。しかし、これも油台と同じで、よく考えもしないでやるべきではありません。

鉋の台というのは、よく見るときわめて不安定で微妙な形状をしています。真ん中に大きな甲穴が開けられそこに鉄と鋼の板が相応の固さで打ち込まれています。その上で、台の下端の平面を維持しなくてはなりません。図は、鉋台の断面と下端の模式図です。

鉋台の断面と下端の模式図

鉋台の断面と下端の模式図

これを、上記のように刃口部分を素通しで溝を掘ってしまうと、台にとって一番大事な下端のその中でも基準となるべき刃口部分で、台木の繊維を切断してしまうことになります。しかも、こうした横着をやる人は当然のように木端勝手の材で台木の繊維と直行する方向で埋木をします。不安定になった下端に、さらに乾湿で膨張・収縮をするやっかいな要素を持ち込むことになります。木や道具のことを少しでも分かっている人、まして木工のプロがするべき事ではありません。

それでも、私が上の鉋を頂いた職人のように、忙しい日常の業務の中で、荒仕事用の小鉋などでこうした横着をやってしまうことまで否定はしません。現場や他の人の職場や工房で、こうした物を見かけても、とりたてて何か口にするような野暮でもないつもりです。ただし、こうした横着で不正常な、あえて言うなら間違ったやり方をネットにあげたり、動画にまでして広げようとするのはいかがなものかと思います。不正常の一般化というか、前に取り上げた油台と同じ事がやられている気がします(「鉋は油台にしない方が良い」)。


刃口脇の赤丸部分を欠き取ってきた。

刃口脇の赤丸部分を欠き取ってきた。

さて公正を期すためにも、恥を晒しながら関連する問題を書いておきます。わたしは鉋台の刃口の脇の部分を上の画像の赤い丸のように欠き取ってきました。台直しをした事のある人ならお分かりのように、この部分というのは台直しの時に残りやすいのです。それで、はじめから欠き取っておくと楽なのです。これも良く見るやり方ですが、やはり台の下端の繊維を切ってしまうという意味では同じく問題があります。それでもやるなら極力薄く、また鑿を立てて軽く削る程度にしておくべきでしょう。思い出すのは、もう随分前のことになるのですが、ある現場で一緒になったベテランの大工さんの鉋を拝見させてもらったところ、この部分が欠き取ってありません。その理由を尋ねたところ、困ったように口ごもっていました。別に秘密だから教えないと言う風情でもなく、上手く説明出来ないから困ったという感じでした。その時に自分で色々考えて気づいておくべきだったと、自分の不明を嘆くしかありません。

ガリ版伝承館に行ってきた

雨の中休みのような先週・10月1日(土)、東近江市のガリ版伝承館と、西堀榮三郎記念探検の殿堂に行ってきた。

ガリ版伝承館。創業者の堀井家の旧宅とのこと。

ガリ版伝承館。創業者の堀井家の旧宅とのこと。

前者は、以前から気になっていた。懐かしさ半分、それと65歳になったらパソコン・インターネットをやめると公言していることもあって(65歳までに止めること、する事)、自分にとっての原初的な情報発信とか記憶伝承の方法としてガリ版というのもあるかなと思ったりしていた。実際に、鉄筆、ヤスリ、ロウ原紙を目にすると時間のフィルターで淡くぼかされていた記憶が、リアルな感覚を伴ってよみがえる。あの鉄筆でロウ原紙を刻んでいく作業は、指と手首を緊張させ、相応に神経を使う作業だったのだ。それを10代の終わりから20代のはじめにかけて、連日のように繰り返していた。若く、肩こりというものを知らなかった当時だからやれたものの、今ならとても無理そうだ。そのせいで、すっかり癖となった金釘流の文字と重い筆圧というものに、その後ずっと悩まされていた。これは本当に、おもな筆記の手段がいったんキーボードに代わるまで続いた。

「ホリイ」製の謄写版

「ホリイ」製の謄写版



どうも下の記述で、「ホリイ」の謄写版と思っていたのは、当時関西で普及していたという「サカタ」のものだったのではと訂正します。いい加減な記憶でものを書いて申し訳ありませんでした。[2016年10月23日]


なんでも凝り性だった私は、ガリ切り(カットと言っていた)とか、謄写版による印刷(こちらはスットと言った)にも多少のこだわりがあって、通常1000枚刷る事ができれば上出来だったロウ原紙と謄写版で、2000枚慎重にやれば3000枚近く刷ることが出来た。そんな事、今となっては何の自慢にもならないのだが、そうしたこだわりの中で、謄写版は萬古(ばんこ)「堀井」の二つのメーカーのものがあり、使い勝手とか作りの良さとかで、「萬古」のものの方がずいぶん上等に思えた。当時の学生自治会のボックスとか、寮の作業部屋には、たいてい複数の謄写版が並んでいた。「萬古」のものが多数を占めていたように記憶しているが、たまに先客がいる場合など、空いている「堀井」の器械を使った。堀井のものは全体に作りが悪く、快適で安定した作業が出来ない。謄写版というのは、単純な機構のものだが、下の台、ロウ原紙と絹のスクリーンを固定してインクの着いたローラーに押され続ける枠、それを絆ぐ丁番など、相応の負荷を受けながらスムーズに安定した動作が保たれないとリズムよく印刷が出来ない。


当時は、堀井が特許を持っていた創業社だとは知らなかった。むしろ、萬古と比べて品質の落ちる安物の製品しか作れない二流メーカーだと思っていた。そんな事も関係しているのか、堀井謄写堂ホリイ株式会社は、倒産してしまったようだが、萬古は、バンコ株式会社として、今も存在している。加えて、今も鉄筆を販売している。どうも、ペーパークラフトとかネイルアートに使えるらしい。

ガリ切りに使うヤスリ、修正液、鉄筆、ロウ原紙など。

ガリ切りに使うヤスリ、修正液、鉄筆、ロウ原紙など。

ロウ原紙、鉄筆、ヤスリ、ブラシと机の上に並べられていると、昔日の作業環境を思い出すが、一つ足りないことに気付く。当時、スパノールという商品名の薬品を使っていた。それとブラシを使って、ヤスリにこびりついたロウ原紙のカスをこそぎ落とすのだ。これもほとんど必需品と言えた。これは今もある工業用の洗浄剤のようだが、一般には市販されていない(さすがのネット通販でも見ない)。これを今から40年も前に、背広姿のおじさんが夜の大学の怪しげで雑然とした学生自治会の部屋や寮に売りに来ていた。良くしたもので、ちょうど在庫が切れそうな頃を見計らったように来る。今思うと、あの人はいったい何だったのだろう?まあ、それで助かっていたのだからいいのだけれど、不思議な気がする。本来の大学の業務用には、普通に昼間にまとめて納入するだろうから、問屋か小売店の営業マンがノルマの帳尻合わせか、あるいは横流しの小遣い稼ぎだったのか?ほとんど毎日のように大量のビラ類がまかれていた当時の京大なら、我々以外の○○同盟とか、×学同とか合わせるとそこそこの量はさばけただろうなと思う。

鉋台の刃口埋め 1 簡便木口埋め法

油台に関する記事では、私がそれをしない事と、ネット上の主流とも言える安易な油台紹介記事に対応する意味もあって、多少なりとネガティブな論調になってしまいました。そうしたネガティブな言辞を弄していると、それを発している自分自身の言葉や気持ちが荒んできます。気分を変える意味でも、鉋台に関する提案というか、私自身の試行を紹介します。油台に関する記事でも取り上げた刃口埋めの件です。ここでは、簡便木口埋め法とでもしておきます。


前にも書きましたが、私は寸四以上のサイズの平鉋では、刃口埋めは薄板をはめ込む方法で行っています。その理由は、鉋の台は定規であり、定盤でもあるわけで、極力それに木理を交差させる形でストレスを与えたくないという事です。詳しくはまた別記事にします。別に、この方式に限らないのですが、こうした刃口埋めの要点は、埋めた後の刃口開けにあります。埋める作業自体は、やり方で手間と難易度の差は多少ありますが、取り敢えず木工に携わっている人なら誰でも出来ます。ただ、刃口開けの作業は、相当慎重に行わないと、思ったよりも刃口を狭く出来なかったりして、何をしているのかになりかねません。紹介する方法は、そうした失敗を繰り返してきた私が、たどり着いた刃口開けを比較的簡単に出来る方法・手順です。ちょうど針葉樹を削る鉋の刃口が少し広くなってきたので、それを例に行います。

まずは、埋める木を用意します。材は、台と同じ白樫が結局一番良いと思います。私は、以前の仕事の関係で比較的目の通った良質のブビンガの端材がたくさんありますので、それを使っています。画像のように、木口が下端に出るように埋めます。埋木の厚みや深さは、薄いほうが見た目はきれいですし、浅い方が木理の交差によるストレスも減ります。ただし、その分、木口勝手の材自体の強度は弱くなりますし、嵌め合いの精度が悪いとむくんだり歪んだりして上手く着かなくなります。まあ実用上は、埋木の幅は多少広くなっても問題はありません。むしろ、刃口や下端全体に負担のかかる狭い框材を削ったり、角面を取ったりする用途に使う場合は、広めに取ったほうが下端の強度の補強にもなると思います。その辺りの事は、鉋サイズや用途により柔軟に考えれば良いと思います。

鉋を削れる状態に刃を出して、埋木を現物あわせて墨をする。

鉋を削れる状態に刃を出して、埋木を現物あわせて墨をする。

まずは、鉋を実際に削れる状態にします(刃を出す)。その鉋の刃先に用意した埋木材を密着させます。鋭利に研いだ7Hなどの硬い鉛筆で穴の墨線を罫書きます。

埋木は、ブビンガ。木口使いにする。

埋木は、ブビンガ。木口使いにする。

鉛筆で罫書いた墨線上に軽く鑿を入れて、仕上げ墨とします。こうした寸六の台の場合、2寸の鑿がピッタリと合います。

2寸の鑿が、この寸6の台にピッタリ合う。

2寸の鑿が、この寸6の台にピッタリ合う。

ハンドルーターかトリマーで、下穴を掘ります。深さの基準が決まるだけでも機械作業のありがたさを感じます。埋木(穴)の端部は蟻型にします。こうような片面が開放された形状の加工では、これが当たり前と思うようにしましょう。特に、この埋め木の場合は、何度も埋め直す事が前提になります。充分な強度を保持しながら、必要が生じた場合は軽く外せなくてはなりません。接着剤に頼っては後々ややこしくなります。その意味でも、蟻型に加工する必要があります。最後は、画像にある鎬鑿、左右の蟻型鑿で仕上げます。こうした道具は、蟻型の加工をする場合必須ですが、多分市販はされていないと思います。自分の蟻の角度を決めて、自分で作ります。接着剤は、通常の木工ボンドで軽めに着けます。嵌め合いが固すぎると、埋め木が薄く木口使いの場合、刃口方向にむくれてきますので慎重に行います。

穴を穿つのに、こうした鑿を使う。蟻加工には必携。

穴を穿つのに、こうした鑿を使う。蟻加工には必携。

掘り終えた穴

掘り終えた穴。鑿を使うことで、エッジのたった仕上がりになる。

木口を使う場合、こうして一定の長さを用意して、後から切断する。

埋め込み中。木口を使う場合、こうして一定の長さを用意して、後から切断する。

こうして、再び下端を整えると、作業が精確になされていれば刃先線と埋木の下端が同一線状に来ることになります。それで、自分が想定した鉋屑の厚みに合わせて刃口を開ければよろしい。最後に薄板に番手の大きいペーパーを貼ったもので仕上げると、屑の出もスムーズになると思います。

「簡便木口埋め法」の概念図

「簡便木口埋め法」の概念図

このやり方の良い点は刃口開けの基準がはっきりしているため、作業がやりやすく簡単である点です。加えて、木端返しが2段になり、実際に屑が当たる面が極小となるため屑が詰まるなどのドラブルも減ります。

一方、このやり方の短所は、通常の木端返しに角度がついている場合に比べて、台の修正をした時の刃口の開きが広くなる点です。それが気なる場合は、最初に鉛筆で取った墨から、刃口側にずらして加工墨(鑿を立てる)を取ります。その分、刃口を開ける面がひろくなりますし、木端返しも広くなりますが、下端修正による刃口の広がりは抑えられます。なんなら1枚刃鉋のように、仕込み勾配と木端返しの角度を合わせて、台直しによる刃口の広がり自体を抑えることも可能です。その場合、裏(押え)との関係が出てきますが、実際に効いている木端返しが極小なので、案外実用になるかもしれません(私は試していません)。

比較的簡単に、きれいに埋まります。

比較的簡単に、きれいに埋まりますし、口開けも容易です。

鉋は、「油台」にしないほうが良い 6 補足

鉋の油台の件は、「鉋は、『油台』にしないほうが良い 5」で、そのブログ記事をリンクした杉山裕次郎さんから、油台に関する記事をあらたにアップしてもらいました(→「鉋掛けという工程について(番外編・油台に関する考察)」)。その中で、ご自身の体験から『油台』の効用を、曲面成型などにおける摺動の補助的役割として評価して、積極的に取り入れてきたとされています。ただ、寸六、寸八の平鉋にはしませんとも明言されております。その上で、頻繁に油壺で注油、もしくは油台が、反台や南京鉋を使った曲面成型では、職人的なアプローチである作業効率性を重視するという思考からは捨てがたいと結論されているのだと思います。

私に気を使ってか非常に控えめに語られていますが、こうした長い経験に基づいた論述に対しては、頭を垂れて頷くしかありません。私など、反台や南京鉋などは、仕事としては椅子の笠木や後脚を削るくらいしか使ってきませんでした。その椅子自体が、今思い起こしてみて、店舗などの数物など含めて、100は下りませんが、200脚は作っただろうかという程度です。当たり前ですが、杉山さんがブログに掲載された南京鉋の年季の入り方を見ても、私のそれとは随分と差があります。

もう一人、先の記事でリンクした工房齋の齋田さんの記事(「油台」)も、反台鉋を念頭に置いたものです。具体的には台の耐久性の面での油台の効用について語られています。齋田さんは、私が「鉋は「油台」にしないほうが良い 5」で、齋田さんのブログの記事のリンクを貼る前に、一連の油台に関する記事を取り上げてくれていました。顔が脂大あぶらだいな齋田さんとは反対の趣旨の記事にも関わらず、技術的アプローチには複数の方法があってしかるべき(「技術に絶対はない」)という観点から、あえて取り上げてくれているのでしょう。その顔の度量の大きさと公正さは見習うべきだと思います。私たちのように、一人親方的に仕事をしていると、蛸壺のような狭い世界での自分の経験を絶対化して、それが職人(的経験)と勘違いしがちです。杉山さんも、それと齋田さんも若干ではありますが、私より年輩になります。その頭の柔らかさと、技術的な問題に対する謙虚さのようなものが、お二人の仕事の若々しさや清新さの元になっていると感じます。やはり、いくつになっても仕事の技術的な面での興味や向上心がないと、仕事自体がつまらないものになる。まずいなと最近感じています。

反台や、四方反、それに南京などは、下端に油をひいて使ってみようと思います。でもやっぱり油台にはしないな。

鉋は油台にしないようが良い(5)一応のまとめ ←