お寺の建具をテーブルにしました

古いお寺の建具をテーブルにしました。幅・2000、奥行き・1400という大きなものです。

引きがとれず広角の変なパースペクティブ(遠近感)の絵ですが、お許しください。

このお寺は、以前に火事でほとんど全焼してしまったようですが、わずかに焼け残った建具をなんとか使いたいとの事でした。建具の大きさは、1950ミリx1350ミリ、框の厚みも36ミリあります。格子の桟の部分は相応に傷んでいますが、1寸2分ある肝心の框はしっかりしています。全体をテーブルの幕板に落とし込んで、その上からガラスを被せればなんとか形になるかと思いました。

ガラスは、最初8ミリを考えていましたが、それだとこの大きさ(1950×1350)で、比重を2.5とすると53kgほどになります。それで、5ミリにしたのですが、それでもガラスだけで、33kgあります。建具の下の部分に幕板をつなぐ桟を補強して、框から1分チリをとってある格子の桟の部分に、何箇所か3ミリのゴムをクッションとしてかましてあります。それと落とし込みの隙間(遊び)を極力小さくしてガラスがずれたりガタつかないように気をつけました。

木部は、買って3年乾かしたトネリコを使っています。固く粘りのある良材です。よくあるヤチダモとは強度も見た目も比較にならないほど良い材です。北米材のホワイトアッシュと雰囲気は似ていますが、木目はより上品です。ゆっくり天然乾燥したせいか、固く粘りのある材ですが、鉋はさくっとかかり気持ちがよい。楽しく仕事が出来ます。建具とお部屋に合わせてワイピングステインで、着色しています。その後、2種類のオイルで固めています。

さすがに、この大きさですと、完成品の状態では搬入が難しいと思われたので、妻手の幕板は現場で組みました。これくらいになると、ちゃちな玄能ではホゾを打ち込めないので、カケヤを使います。そうした荒っぽいやり方にも慣れた木工房またにの若森昭夫くんに今回も手伝ってもらいました。服部さん、もうこうした大きな仕事はしないと言ってませんでしたか?と言われましたが、やはりこうした妙に規格外の大きさのものとかが、ワクワクして好きなのです。それと古い部材などを転用するのも、実はかえって手がかかったりして面倒なのですが、それも好きなんだなあとあらためて思いました。そう言えば、少し前にも伐採された学校のサクラをテーブルにするというややこしい仕事をしたことがありました(「ソメイヨシノのテーブルを元の学校に納める」)。

こちらも手ブレのひどい絵ですが、カケヤを振りました手を、上に伸ばしたコンデジ撮りです(シャッター速度・1秒)。お許しください。

お施主さんが、ガラスの下、格子の間のすりガラスの上に貝殻とかアクセサリーを載せてさっそく遊んでくれていました。

ドイツ、リーフラー社の古い製図器 2

前の記事で、この時代のリーフラーのものは、まだそうした分岐(英式、独式)が生じる以前の、それもある面では両者のいいとこ取りともいえる手の込んだ作りになっています。と書きました。それが、一番端的に現れているのがこのデバイダーだと思います。

ドイツ、リーフラー社の古い(19世紀末から20世紀初頭)のデバイダー

下に、比較のため他の英式と独式のデバイダーの例をあげます。

英式デバイダー (ウチダ)

独式デバイダー、上・KERN(スイス)、下・HAFF(ドイツ)

これもまた前の記事で、実際の使い勝手という面では、独式の方が優れていると書いてしまいましたが、ことデバイダーに関しては英式の物の方が優れていると思います。と言うか独式には、そもそもまともなデバイダーというものはない。

デバイダーの用途は、寸法を移すことにあります。(名前の通り寸法を分割する機能もありますが、それはむしろ副次的なものであったと思います。それにその用途に特化した比例コンパスというものもあります。)CADであれば複写とか複線といった操作で簡単に出来る寸法の移動・複写というのは、機械製図の場合は、相応に手間のかかる作業になります。寸法を定規とか図面からいったん移したら簡単にずれてはダメですし、針先もグラつきのない安定したものであることが求められます。その意味で、英式のデバイダーは大変良く出来ています。脚の一方はその長さの半分くらいまでが鋼の針となりろう付けされ一体化されています。もう一方の脚は、針の鋼が途中で板状になり、本体に付けられたネジで開閉幅の微調整が可能です。それに対して、独式のデバイダーというのは単にコンパスの針の形状を変えただけのただの間に合わせように見えます。

独式デバイダーの針とその固定方法(上・KERN、下・HAFF)、いわゆる引き針式と同じ

あらためてこの古いリーフラーのデバイダーを見ます。部品の構成としては英式のそれに倣っています。針は洋白の脚部と一体化した鋼で、脚のクビレの所でろう付けされています。微調整用のネジの仕掛けはありませんし、後の独式のコンパスのようなハンドルの中心保持機構もありません。それでもハンドルを含めて4枚の洋白の極めて精緻な組みつけで、スムーズかつ安定した開閉が出来ます。もちろん脚部と一体化された鋼の針は充分な強度と安定性があります。なにより感心させられるのは、デバイダーに求められる機能・要素を満たしながら英式のような無骨なものでなく、こうしたエレガントな形にまとめあげたデザイン技量です。あの精緻きわまりないリーフラー時計の設計には、こうした道具こそふさわしい。

また、デバイダーはその役割から言って一度取った寸法は暫くは、場合によっては最後まで残さなければならないこともあるでしょう。すると複数のデバイダーが必要となります。一度崩した寸法は、なかなか正確に再現できないものです。このあたりは、木工具のケビキとよく似ています。木工を習い始めた頃、ケビキを崩すなとよく言われたものです。少し複雑な仕事の場合、複数のケビキを寸法を残したまま仕事を終えるようにするのが、現実的には一番間違いがないでしょう。墨のつけ忘れと言うのはよくあるものです。

セットを見ると、この小さなセットの中に3種類のデバイダーが入っています。その内の一つは穂替えコンパスですが、コンパス用の細い針をネジ止めした脚(穂)を代用するのではなく、2本のちゃんとしたデバイダーと同型の一体化した針があります。もうひとつはいわゆるスプリングコンパス型のデバイダーですが、これもよくあるのは、烏口、鉛筆、デバイダーの3種類がセットになったものですが、こちらはデバイダーのみという割り切り方です。このリーフラーのRound Systemは、墨入れ道具ではなく製図道具として極めて簡潔かつ合理的に構成されたものと言えます。

スプリングタイプのデバイダー。大きな鋼の針が付く。

セットの中の穂替えコンパス。延長用のバーと烏口を付けた状態。コンパス用の細い針のついた物(左脚に装着済)とは別に、デバイダー用の穂が2本用意されている(中の下2本)。

ドイツ、リーフラー社の古い製図器 1

ドイツ、リーフラー社の古い製図器セット

縁あって今、私の手元にあるドイツ・リーフラー社の古い製図器です。リーフラー社というと、リーフラー時計と呼ばれる世界最高峰の機械式時計を制作していた会社として知られています。リーフラー時計は、天文時計としてまた標準時の原器として、水晶発振子が実用化される1950年代まで日本を含む世界中で使われてきたそうです。リーフラー社は、現在も存続していて(riefler industry)、オフィス家具の製造・販売を行っているようですが、かつての世界に冠たる名門企業としてはいささか寂しい内容です。リーフラー社のウエブサイトは、ごく最近リニューアルされたようで、以下の記述はなくなりました。また英語への表示の切り替えも加わりました。(2017年4月18日)ウェブサイトもドイツ語のみです。その中の自社紹介のページÜber Unsを見ると、往年の栄光ある製品としてDIE GENAUESTE MECHANISCHE UHR DER WELT!(世界で最も正確な機械式時計)とならんで、Das Statussymbol des Ingenieurs(エンジニアのステイタスシンボルであり、 Zeitlose Eleganz(時代を超えたエレガンス)を持つ製図器をあげています。

「エレガンス」の極みとも言えるリーフラーの古いデバイダー

この製図器セットは、あとで検証するように100年以上前の19世紀に作られた物のようですが、たしかに今見ても極めてエレガントで美しい。古い製図器というと、HAFF(ドイツ)とか、KERN(スイス)、KEUFFEL&ESSER(米国)などにも機能美にあふれたうつくしいものがありますし、日本のウチダの英式の製図器なども私は好きです。しかしながら、その中でもこの骨董品とも言えるリーフラーのものは出色の出来だと思います。

製図器は、後にその形状や製作方法により、独式、英式のおもに二つの形式の分かれます(他に、仏式というものもあるようですが、これは英式の一種と考えても良さそうです)。この時代のリーフラーのものは、まだそうした分岐が生じる以前の、それもある面では両者のいいとこ取りともいえる手の込んだ作りになっています。

リーフラー社の古い烏口。1900年頃によく見られる形状のようだ。

突き針を内蔵している。

このセットに入った3種類の烏口。上から、細線用、中・太線用、穂替えコンパス用。いずれも丁番によってブレードが上下に開閉する。後に「英式」の典型とされる仕様。

たとえば、この烏口ですが、2枚のブレードが丁番によって上下に開閉します。これは、後に英式の烏口の典型とも言える形状になります。これに対して独式の烏口は横方向に開閉するか、あるいは2枚のブレードが固定された(割られた)ものになります。David M RichesさんのMathematical Instruments A private collectionの中のClemens Riefler のコレクションを見ると、リーフラー社がこうした上下開閉式のブレード(hinged nibs)を製造・販売していたのは、1920年代遅くとも30年代のはじめまでだったようです。こうした丁番による開閉の機構を持つ烏口というのは、20世紀はじめくらいまではドイツを含む各国で作られていたようです。たとえば、こちら(esser1900.pdf)で、Keuffel & Esser社(ニューヨーク)の1900年の製図器と測量器具の総合カタログを見ることができます。ここでも、烏口は2種類、開閉式(Pen with joint)と固定式(Pen without joint)が紹介されています。ここでは、後にドイツ式の典型とされる水平回転式ものはありません。

烏口4種。上から、HAFF社、HAFF社(太線用)、ウチダ英式(スタンレータイプ)、古いリーフラー社

それにしても、このKeuffel & Esserの大部のカタログはたいへん興味深い。当然英文ですが、カタログですから難しくはありません。製図器などに関心のある人には一読をおすすめします。CADに替わられる前の製図器全盛の時代の頃の道具は、すでにこの1900年にたいていは出揃っていたのだと感心させられます。たとえば、ドロップコンパスとか、比例コンバス、穂替え、小文廻しなどのコンパス類。または双曲線烏口や、3枚ブレードの太線烏口、2種類の破線烏口、文字用のルンドペンなどの墨入れ用の道具類。雲型定規や、三角スケールに計算尺。この手のものがすべてカタログに網羅されています。また、カタログには自社ブランドのパラゴンインスツルメンツ(コンパスの接合部にピボットと、ロックシステムがありそれをパテント化している)の他に、イングリシュ・インスツルメンツ(英式)、ジャーマン・インスツルメンツ(独式)、フレンチ・インスツルメンツ(仏式)などに分類・製品化されています。英式は、後の英式製図器そのものですが、独式のものも躯体は洋白だしセットの中には典型的な英式のデバイダーや穂替コンパスが入っているなど、その分類がよく分かりません。仏式にいたっては、たとえば英式と比べてどこが分類の基準なのかさっぱり不明です。

このKeuffel & Esserのカタログや、Mathematical Instruments A private collectionColledting ME.comDrawingなどの個人コレクションを拝見していると、まだ20世紀の初頭には製図器の様式は分岐しておらず産地や使用者の嗜好で、英国風(好み)、ドイツ風(好み)と呼ばれていただけのようにも思えます。その後、20世紀の工業化・2つの大戦を含む軍備拡張の中で、製図器の需要も爆発的に増え、生産の機械化・規格化が求められて、今日独式と呼ばれる形式のものが主流になっていったのだと思います。その中で、第2次大戦以降も英式の製図器をガラパゴス的に作り続けたのは日本くらいのようです。前記David M Richesさんは、そのサイトの中で、Drawing InstrumentsMajor makersとして地元の英国本国のメーカー4社を取り上げていますが、いずれも1930年代までには、traditinal patternをやめてflat pattern に代わったと書かれています。海外オークションを観察しても1950年代以降に作られた英式製図器というのは見当たりません。それならばなぜ日本でだけ英式の製図器が独式とともにCADに取って代わられる前まで作り続けられてきたのか、不思議な気がします。実際の使い勝手という面では、独式の方が優れているように思います。それに規格化されているおかげで、穂替えコンパスなど互換性があって、HAFFのものにウチダの烏口が嵌まりますし、製図ペンが普及するとアダプターを介して烏口の代わりに簡単に使えました。戦前の海軍と陸軍が独式と英式をそれぞれ採用していて、その不毛な縄張り意識が、戦後の教育・研究機関や役所、関連のメーカーにまで持ち越されたという説もあるようですが、ソースが不明だし、どうもいかにも話が上手く出来過ぎていて、にわかに信用する気になれません。ただ、洋白を手作業で削って整形し、丁番の嵌め合いを一つずつ調整しながら組み立てるという非能率だが精度を要求される仕事が、日本の町工場の仕事にマッチしていた。またそれを自分の商売道具として使うことに矜持を感じるような技術屋、設計士、トレーサーに支えられてきたとは考えられないでしょうか。そうすると、それは鉋や鑿、鋸といった日本で独自に発展した形の木工具が今も残って、それなりににしろ使われているのと通じるものがあるように思います。

京都・画箋堂ブランドの製図器セット(英式、中身はウチダ製)。抱き針式のコンパス類、スタンレータイプの烏口など、高級品(いわゆる「竹」ランク)。

ダイアトーン・Pー610バスレフ箱の制作

木の仕事展IN東海2016の出展用にダイアトーン・P-610のバスレフ箱を作っています。フロントバッフルには、チェリーを予定していましたが、思うような材がなく、カバに変更しました。これは、マカバの白の尺物(30センチ)という今や希少な材です。以前、ある仕事でバンドル買いした中の一枚で、とっておいたものです。こうしてバンドル買いした材の中で、幅広で木味のよいものは他にも選別して保管してきました。思うところあって、こうして取り置きした材料も、もう機会を見て使っていこうと思っています。

ユニットはバッフルに落とし込む事で、フレームのいやな鳴きを押さえる。

ユニットはバッフルに落とし込む事で、フレームのいやな鳴きを押さえる。

箱のまわり(エンクロージャー)はナラを使います。スピーカーの箱なんて、別に大きな負荷のかかるものでなし、時間もないのでビスケットで簡単に組んでしまってもよいかとチラッと思いました。もちろん、そんな事はしません。前にも書きましたが(剣留と導付鋸・「蛇足」)、あれをやるようになったら木工など辞めます。気軽な横着に流れる事で、失うものが大きすぎます。それと、導付鋸を使ってみたくなり、こんなことをやっています。

エンクロージャーは、ナラの10ミリ。

エンクロージャーは、ナラの10ミリ。

木の仕事展IN東海2016

私も所属している木の仕事の会の東海地方のメンバーによるグループ展・木の仕事展IN東海2016が開催されます。

kinosigoto2016
kinosigoto2016_ura

剣留と面取り

今、定番とも言えるオーディオボードを作っています。框組の工作になりますが、そこで剣留という接合方法を使っています。

剣留を十字に使うと意匠的にも面白いものになります

剣留を十字に使うと意匠的にも面白いものになります

剣留けんどめについては、前にホームページの中で書きました(「剣留と導突鋸」)。そこでも触れたように、私は框組で何かを作る時には剣留を多く使ってきました。本来は、馬乗りとか、面腰と呼ばれるやり方が使われる場合でも、この方法をでやってきました。つまり、剣留がその構造から意味を持つのは、カマボコ面など組まれる面全体に加飾が施される場合です。材の端に面取りや加飾する場合であれば、その部分だけを欠き取ってそれぞれ留でつなぐような馬乗りとか面腰の方が合理的です。

実際に私も最初の頃は、剣留とカマボコ面を併用していました。そのためにいくつかのRの内丸鉋を購入して仕込みました。でも、剣留にカマボコ面というと、何を作っても李朝家具風になってしまってどうも面白くない。それで、剣留に普通の切り面といったいわば変則な工作をしてきました。

馬乗りとか面腰をやらなかったのは、それらの組手が、ホゾ取盤とか傾斜丸鋸盤といった木工機械があれば、誰でもやれてしまう程度の工作だからです。パートのおじさんやおばさんでも、3日もやれば相応に出来てしまうでしょう。こう言ってしまうとお叱りを受けるかもしれませんが、機械作業というのは本来的にそうしたものだと思っています。でないと機械を使う意味がない。私は、自分の仕事に対して手作りなどというインチキなコピーを使った事はありません。ただ、手加工の要素をこうした刻みと呼ばれる作業にもどこか取り入れないと、どうも仕事をしていても面白くない。

下穴はトリマーで決めて鑿で仕上げる

下穴はトリマーで深さを決めて鑿で仕上げる

剣留のメスの欠き取りの加工は、下穴はハンドルーターなどを使うにしろ仕上げは鑿で行うのが一番合理的でしょう。当然墨はシラガキで付けます。この仕事をはじめたばかりの頃に、訓練校の先輩の工房を訪ねた時にその話になりました。先輩氏は、角鑿盤の、箱ノミを、斜めに着けて取るのだとおっしゃっていました。そんなことをするくらいなら、鑿を使ったほうが速いし正確だしとその時も思いましたしたし、実際そうでしょう。 今思うと、その先輩氏の工房はまともに使える鑿がない(研いでない)状態だったのでしょう。そうして結局機械と電動工具に全面的に依存していった例をいくつも見てきました。

一方、オスの剣の方は、丸鋸盤に角度定規などのジグで簡単に切れそうです。ところが、やってみると、どうも上手くいかない。理由は敢えてあげると、機械加工と手工作では、寸法の基準のとリ方から墨の付け方も違う。それを混在させると、中途半端な結果になるというのは、他でもありました。ですから、剣の部分もキチンとシラガキと留定規で墨を付けて、導突鋸でさっと挽くのがよろしい。それに「剣留と導突鋸」でも書きましたが、ゴチャゴチャ丸鋸盤をいじっているより、こちらのほうが早いのです。 写真はその記事から再掲しています。

剣の部分は胴付鋸で挽く

剣の部分は胴付鋸で挽く


墨さえきちんと付けてあれば、きれいに切る事が出来る。

墨さえきちんと付けてあれば、きれいに切る事が出来る。

第68回 正倉院展に行ってきました

チケット

チケット

朝、墓参りに行ったあと第68回正倉院展に行ってきました。今年も会場の国立博物館に向かう前にならまち商店街にある刃物屋・菊一文字に寄ります。これもここ数年の恒例のようになっています。店にいた女将さんにご主人のことを尋ねると今年の5月に亡くなったとのことでした。88歳だったそうです。昨年の正倉院展の時にお邪魔した折には元気な姿を拝見していたのですが、そのすぐあとの12月に圧迫骨折で入院、予後悪くそのまま亡くなられたそうです。常連のお客さんも多く、店を閉めるわけにもいかないので、今は一人で店を守っているとおっしゃっていました。

菊一文字で買った2分の三角刀。播州三木のものとのこと。

菊一文字で買った2分の三角刀。播州三木のものとのこと。

こうした小さな専門店を応援したい気持ちもあって、寄るたびに何か買っています。亡くなったご主人に薦められて購入した銅のおろし金などはたいへん重宝していて今は毎日のように使っています。言われた通りプラスチックのまがい物と、これでおろした大根は別物です。今回も2分幅の三角刀を買いました。


今回の展示では、これまで見たこともなかったような銅に鍍金の鈴のようなものが多数展示されていました。蓮華の形、ウリやクチナシの実の形などいずれも小さくかわいらしいもので、金工をしている人が見ればさそ面白かろうと思います。木工屋的に面白かったのは月並みですが、楩楠箱べんなんのはこと、檜八角長机ひのきのはっかくちょうきなどですが、これはまた次回にします。

良い天気でした。猿沢池から興福寺の眺め。

良い天気でした。猿沢池から興福寺の眺め。

これはいったいなんだろう?

これはいったいなんだろう?

鉋台の刃口埋め 3 番外 刃口脇の処理について

前の記事の鉋の刃口脇の欠き取りについて、木工界の碩学で稀有の著書・『組手 國政流・江戸指物の美』の著者である阿部藏之さんからメールを頂きました。以下その一部を引用します。

大工職は台直しが頻繁で、(中略)水分のある被削材が多いので、屑だしをよくするために切るようです。深く切ればびびりが出ますね。家具精密木工・鉋台打ち職では無用かと。

また、素材別、業務別で使い勝手や好みも違うので、この辺りの処理の仕方は色々とのことです。これまで、注意して見てこなかったのですが、大工、木型屋、建具屋など機会があればそれぞれの道具を拝見して、その由緒など聞いてみたいものです。 だたそこまで道具にこだわって仕事をしている職人がいかほど残っているかとも思います。

台直し用のジグと専用の台直し鉋。これで刃口を保護しながら脇も削る事が出来る。

台直し用のジグと専用の台直し鉋。これで刃口を保護しながら脇も削る事が出来る。

それで、わたしは現状どう処理しているかと言うと、常用の鉋ではごく薄く欠き取っています。やはり阿部さんもおっしゃるように、仕事中などに台直しを行う場合には、あまりクリティカルな処理はやってられないという感じです。ただ、最後の仕上げ仕事用で寸八とか二寸の鉋など台自体が微妙な調整が必要なものは、上のような治具とそれ専用の台直し鉋を使っています。使い方の説明は不要でしょう。これは、どこかの雑誌か何かで見たものを真似したもので、もちろん私のオリジナルではありません。