会津・さざえ堂 その2 タトリン・「第3インターナショナル記念塔」を先取りしている?

会津さざえ堂のことを教えてもらって、ウエブなどでその画像を見て、たちまちこれはタトリンだと思いました。

ウラジミール・タトリンの第3インターナショナル記念塔というのは、建築やデザインの歴史を勉強した人ならご存知でしょう。その来歴は、今ならウエブを検索すれば、いくらでも出てきますのでここでは割愛します。私はこれが大好きです。一般に、建築のデザインと称するものを私は、ずっと毛嫌いしてきました。建築論と称する自己陶酔的おしゃべりが嫌いだったのか、あるいは、バブルの頃のポストモダン建築、あるいはその亜流の醜怪で無国籍な建物を見せられてきたせいか、まあそれは今はどうでもよろしい。

そんな保守的で、頭の硬い私も、このロシア・アバンギャルドを代表するそれこそアバンギャルドなモデルにずっと惹かれてきました。それがどういうものか、以下手持ちの書籍から図を含めて引用します。

八束はじめ 『ロシア・アヴァンギャルド建築』 P18-19 より

八束はじめ 『ロシア・アヴァンギャルド建築』 P18-19 より

1919年、教育人民委員部造形美術局から芸術家V・E・タトリンに第3インターナショナル記念塔の構想をまとめるように依頼があった。芸術家タトリンは躊躇なく仕事に着手し、構想を練り上げた。(中略)

記念塔の根本的な企図とは建築、彫刻、絵画の各原理の有機的統合に立脚し、純粋な創造形式と実用的形式をそれ自体で結びつけた、新しいタイプの記念碑的建造物となるというものであった。この企図に則って、記念塔案では、垂直軸と螺旋の複雑なシステムに基づいて構築された3つの巨大なガラス張りのブロックがある。これらのブロックは交互に積み重ねられ、調和の取れた関係にある相異なる形態に包摂されている。またそれらは独自のメカニズムによって、それぞれ速度の異なる動きをすることになる。

下のブロック(A)は立方体の形をとり、その軸の周りを年に1回の速さで回転する。立法関係のために用意されたこのブロックは、そこでインターナショナルの大会、国際会議、他の立法に関係する大きな会合を催すことが可能である。次のブロック(B)はピラミッド形で、その軸の周りを月に1回の速さでまるまる1回転し、行政関係(インターナショナル執行部、書記局などの行政ー管理期間)が予定されている。最後に、上の円筒部(C)は日に1回の速さで回転し、情報関係のセンターを目指している。

1920年7月 ニコライ・ブーニン 「第3インターナショナル記念塔」 五十殿利治訳 『ロシア・アヴァンギャルド4 構成主義の展開』より

大きさは別の論述によればイサーク寺院の2倍の高さを持つ(ヴィクトル・シクロフスキイ 『芸術生活』1921年1月 五十殿・前掲書より)とあるから、200メートルを超えるものと想定されていた。今でも、そのあまりの荒唐無稽さにブーニンの論文を読んでも、その構想がにわかには理解しにくい。ようするに傾斜して建てられた鉄柱の周りをさらに螺旋状に鉄が巻きつけられる。その内部にガラス張りの、立方体、ピラミッド形、円筒形の3つの独自の周期で回転する構造体が入る。これらは、どのように支えられる(あるいは吊り下げられる)かは、定められていない。各ブロックもブロックごとに異なる速度に同調した複雑な構造の電動エレベーターだけで、地上とそして相互に結ばれている。(ブーニン)とあるが、これは今ならそうむずかしい事でもないように思う。

第3インターナショナル記念塔の内部の3つのガラス張りの構造体

第3インターナショナル記念塔の内部の3つのガラス張りの構造体

この鉄とガラスと革命から作られた記念塔の構想は、19世紀末からのヨーロッパやロシアで起こったダダイズムなどの芸術革新運動の中でも、空前絶後なものだったようで、政治の革命とともに芸術の分野でもロシア・アヴァンギャルドがその尖りきった最先端にあることを示したようだ。

平和憲法の破棄、戦争立法に反対します

私は、日本国憲法の第九条と前文を、とても美しい文章だと思います。そこには、戦争で亡くなったたくさんの人の無念と、生き延びた人の後悔と反省、そこから生まれた平和な世界への理想とそれを目標に進んでいこうという意志が感じられます。憲法の改正を主張するなら、それに代わる理想を、同じように美しい説得力のある言葉で語ってください。安倍晋三や、菅義偉、それに憲法の改正を主張する橋下徹や石原元都知事やという人たちの言葉は、みな聞くに耐えないように汚い。自主憲法とか、改正とかいうなら、戦争や軍隊で何かを守るというなら、その守るべき何かとその理想をきちんと聞かせて下さい。

65歳までに、すること、しなければならない事がありました。私たちがそうであったように、徴兵や空襲や核兵器に怯えることなく、若い人たちが生きていける日本や世界を残すことです。もう少し頑張らねばと思います。

今から、10年前に自分のウエブサイトで、古い憲法の副読本あたらしい憲法のはなしを、ルビつきのオンラインドキュメントとしてアップしました。そのドキュメントと、アップにあたって書いた文章(「あたらしい憲法にはなし」のオンラインドキュメント)と注釈(「あたらしい憲法のはなし」について)とともに、URLを貼っておきます。是非一読ください。

あたらしい憲法のはなし 文部省 1947年


日本国憲法

前文

2

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

3

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

4

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

集団的自衛権の行使容認反対!

まだ手遅れではないと、信じたいと思います。

次の選挙では、自民党・公明党、それにすり寄る維新、みんな、石原新党などの戦争をしたがる議員を落としましょう。

騙されてはいけません。安倍総理の5月の会見の茶番はなんでしょう。朝鮮半島から赤ん坊を抱いた母親がアメリカの軍艦に乗っている。それが攻撃された時でも自衛隊は守れないのか云々。アメリカ軍は、自分たちの軍事艦船に他国の民間人を乗船させることを拒否しています。98年のガイドライン協議ですでにそのことは表明されています。それはそうでしょう。戦時下にテロ、妨害、その他戦闘行為の妨げになる他国の民間人を乗船させることなど考えられません。民間の艦船をチャーターしてそれを防衛するなら、それは個別自衛権の範囲です。本当に「有事」を想定するなら、そうした場合の論議こそが必要でしょう。

本当はそんなことはどうでもよろしい。こんな稚拙な論議に付き合う必要もありません。保守政権党も含めて戦後70年間守られてきた戦争をしないという国是が、安倍という前には腹痛で国を放り出したアホボンと、権力を持つ旨みにしがみつく宗教政党の指導者によってないがしろにされようとしているのです。こうした人たちに国を任せている私たち自身の愚かさが問われているのだと思います。

2014年6月16日付朝日新聞1面

2014年6月16日付朝日新聞1面

サイト移転のお知らせ

ホームページのサイトを移転しました。

正確には、並列して運用していた古い方のサーバーを閉じたということです。ホームページの方を比較的最近、ご覧いただくようになって、とくに不都合なく閲覧できている皆さんは気になさらないでください。

3年ほど前からレンタルサーバーを借りて、roktal.comというドメインをとって運用していました。このブログもそちらの方にWordPressをインストールして使っています。ただ、色々思うことあって、もともとのプロバイダー付与のサーバーの方も並列して使っていました。しかし、更新も二重になり、さすがに面倒になりこのたび一本化することになりました。

もし、ご覧頂いている人でホームページの方を古いURLで登録されている場合は、変更をお願いします。

宜しくおねがいします。

木工房ろくたる・服部篤

明日・9日(日)、服部良一衆議院議員の講演会時間遅延のお知らせ

このブログで案内していました核のない世界へ!という服部良一さんの講演会ですが、ご本人の到着が当初の終了時間の午後4時ころになるそうです。私も、今主催者に別件で連絡をとったところ知らされたような状態です。遅れても講演はされますし、予定の2時からはビデオなど使った学習会などを企画しているそうですが、終了は5時半くらいにはなってしまうとの事です。

主催者側からの通知もあると思いますが、もしこのブログを見て参加を検討されている人がおられましたら、申し訳ありませんでした。あらためて御一考ください。

核のない日本へ!

表題の通り核のない日本へ!と題してのレクチャー・学習会が、衆議院議員・服部良一さんを講師に大阪で開かれます。

服部議員の到着が遅れ、講演は午後4時くらいからになるそうです(終了は5時半くらいとのこと)。参加を検討されていた方には申し訳ありません。予定など御一考ください。

核のない日本へ!
  • 服部良一(衆議院議員・社民党)
  • 日時 10月9日(日) 午後2時〜4時
  • 場所 南昌寺 大阪府豊中市庄内東町3丁目5ー11

服部良一さんは、私と同姓ですが別に親戚でも何でもありません。ただ、大学と寮の先輩にあたります。私が入学した時は良一さんは既に大学を中退して南大阪での労働組合活動をされていました。その後もブレることなく組合運動や地域活動に取り組んでこられました。その関係で何度かお会いしたこともあります。かつての官公労や大組合あがりの政治ゴロのような議員とは違います。社会党・社民党のもっとも誠実で真面目な伝統を引き継いでいる人だと信じます。

先の衆議院選挙で、私などからみればほとんど偶然に偶然が重なって社民党近畿ブロック比例単独4位の良一さんが当選されたのですが、これは震災と原発事故からの復興と社会の再建を目指す日本にとっての僥倖であったと思っています。私自身が原発問題・電力対策の今後や管おろしの真相など国会議員でなければわからないであろう事など聞いてみたいと思っています。

案内状は、下に置いておきます。二次配布です。主催者公開の物がマイクロソフトオフィスファイル(.doc)という一般公開用としては不適切ものでしたので、勝手にPDFに変換してあります。

核のない日本へ.pdf