「エビ川」名残りの桜

そもそも桜に「心」なんてものはありませんから、けっして「墨染めに」なんて咲きません。3年前の春ですら、そうだったんですから。

ただ、見る人の心は投影します。その時々の境遇や、過ぎ越し齢(よわい)にもよるでしょう。私は、40代に2年おいて2回、ある病気で入院したのがいずれも3月で、出てきたのはその末でした。あの時、下手をすればもう見ることが出来なかったかもしれないのかという思いで眺めたことは、やはり思い出します。

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm  ピースサイン!

NIKON1 V1 1NIKKOR 10mm
あら、ピースサイン!若さがうらやましいです

 

「エビ川」の桜 その2

今の桜の多くは、人によって手が加えられて植え育てられたものです。そこに、この季節は人が集う。ですから、桜の絵というのは人や人が作ったものと一緒にあるほうが自然だと思います。

NIKON V1 1NIKKOR 10mm

NIKON V1 1NIKKOR 10mm

NIKON V1 1NIKKOR 10mm

NIKON V1 1NIKKOR 10mm

NIKON V1 1NIKKOR 10mm

NIKON V1 1NIKKOR 10mm

RICOH GXR A12 50mm

RICOH GXR A12 50mm

 

RICOH GXR A12 50mm

RICOH GXR A12 50mm